研究者
J-GLOBAL ID:201901003132349651   更新日: 2020年06月09日

藤井 宏明

フジイ ヒロアキ | FUJII Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (4件): ハンマー投 ,  投擲 ,  陸上競技 ,  バイオメカニクス
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2012 - 2013 個人の体力・技術特性に着目した投擲競技のトレーニング方法に関する研究
論文 (14件):
  • 藤井宏明、大山卞圭悟、藤井範久. ハンマー投ターン動作中におけるハンマーヘッドスピード増加に貢献するハンドル先行距離獲得のためのハンドルの動き. バイオメカニクス研究. 2019. 23. 3. 110-119
  • 広瀬 健一, 大山卞圭悟, 藤井 宏明, 青木 和浩, 前田 奎, 梶谷 亮輔, 尾縣 貢. ハンマー投における高重量ハンマーを使用したトレーニングが投てき距離および技術に及ぼす影響の検討. 体育学研究. 2017. 62. 1. 215-226
  • 藤井 宏明. 投擲競技におけるコントロールテストとパフォーマンスの関係について. 環太平洋大学研究紀要. 2016. 10. 181-185
  • 広瀬 健一, 大山 卞 圭悟, 藤井 宏明, 青木 和浩, 尾縣 貢. ハンマー投における高重量ハンマーによる投てきのキネマティクス的特性-レジスティッドトレーニングとしての利用法の検討-. 体育学研究. 2016. 61. 1. 75-89
  • 広瀬 健一, 大山 卞 圭悟, 藤井 宏明, 青木 和浩, 尾縣 貢. ハンマー投におけるレジスティッドトレーニングの負荷特性-高重量ハンマーによる投てきに着目して-. コーチング学研究. 2015. 29. 1. 30-40
もっと見る
MISC (24件):
  • 牧田 匡史, 藤井 宏明, 白石 聖. 平常・緊急のブレーキ操作による踏力・脚部動作から高齢ドライバの特性を抽出する実験方法の検討. 第55回日本交通科学学会総会・学術講演会. 2019
  • 藤井 宏明, 藤井 範久. 記録水準の異なるハンマー投選手のハンマーヘッドスピードとハンドルの動き. 第70回日本体育学会大会予稿集. 2019. 183
  • 草川 祐生, 白石 聖, 藤井 宏明. 前足部内反変形は片脚着地動作中の膝関節外反運動を増大させる. 第20回日本スポーツ整復療法学会. 2018
  • 藤井 宏明, 藤井 範久. ハンマー投ターン動作におけるハンマーヘッドスピード増加とハンドル法線速度増加との関係性について. 第25回日本バイオメカニクス学会大会論文集. 2018. 109
  • 藤井 宏明, 藤井 範久. 記録水準の異なるハンマー投げ選手のターン動作におけるハンマーヘッド加速動作のキネマティクス的分析. 第69回日本体育学会大会予稿集. 2018. 139
もっと見る
書籍 (1件):
  • 第11回世界陸上競技選手権大阪大会 日本陸上競技連盟バイオメカニクス研究班報告書 世界一流陸上競技者のパフォーマンスと技術
    財団法人日本陸上競技連盟 2010
学歴 (3件):
  • 2009 - 2015 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育科学専攻 博士後期課程 満期退学
  • 2006 - 2009 筑波大学大学院 体育研究科 スポーツ科学専攻
  • 2001 - 2005 甲南大学 理工学部 物理学科
学位 (1件):
  • 修士(体育学) (筑波大学大学院)
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 帝京大学 講師
  • 2011/04 - 2017/03 IPU・環太平洋大学 投擲ブロックコーチ
  • 2011/04 - 2017/03 IPU・環太平洋大学 講師
所属学会 (3件):
日本陸上競技学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る