研究者
J-GLOBAL ID:201901003453736037   更新日: 2020年10月07日

廣野 玄

ヒロノ ハルカ | Hirono Haruka
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (3件): 肝エラストグラフィー ,  睡眠時無呼吸症候群 ,  非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)
論文 (15件):
  • Hirono H, Watanabe K, Hasegawa K, Ohkoshi S. Practical Use of Transient Elastography in Screening for Nonalcoholic Steatohepatitis in a Japanese Population. Journal of clinical and translational hepatology. 2019. 7. 2. 127-131
  • Ohkoshi S, Hirono H, Nakahara T, Ishikawa H. Dental pulp cell bank as a possible future source of individual hepatocytes. World journal of hepatology. 2018. 10. 10. 702-707
  • Haruka Hirono, Kazuhiko Watanabe, Katsuhiko Hasegawa, Terasu Honma, Yoichi Ajioka, Shogo Ohkoshi. A case of right-sided ulcerative colitis with mesalamine-induced hypersensitivity reactions. American Journal of Case Reports. 2018. 19. 623-629
  • Ohkoshi S, Hara H, Hirono H, Watanabe K, Hasegawa K. Regenerative medicine using dental pulp stem cells for liver diseases. World journal of gastrointestinal pharmacology and therapeutics. 2017. 8. 1. 1-6
  • Shogo Ohkoshi, Haruka Hirono, Kazuhiko Watanabe, Katsuhiko Hasegawa, Kenya Kamimura, Masahiko Yano. Natural regression of fibrosis in chronic hepatitis B. WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2016. 22. 24. 5459-5466
もっと見る
MISC (11件):
講演・口頭発表等 (30件):
  • 歯髄間葉系幹細胞から肝細胞への分化とIn Vivoにおける細胞動態
    (第55回日本肝臓学会総会 2019)
  • 睡眠時無呼吸症候群を契機に発見された、甲状腺機能低下症の一例
    (日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 2017)
  • 当院のNAFLD症例におけるFibroScanの有用性の検討
    (日本医学検査学会抄録集 2017)
  • 睡眠時無呼吸症候群における夜間間欠的低酸素血症の改善が肝線維化・脂肪化に及ぼす影響の解析
    (新潟県医師会報 2017)
  • メサラジンアレルギーを発症し、内視鏡的所見の経時的変化を確認しえた右側大腸炎型潰瘍性大腸炎の1例
    (ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (新潟大学)
経歴 (1件):
  • 2007/04 - 現在 日本歯科大学 新潟生命歯学部内科学講座 准教授
所属学会 (5件):
日本睡眠学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る