研究者
J-GLOBAL ID:201901004047288941   更新日: 2021年02月03日

仲嶺 実甫子

ナカミネ ミホコ | NAKAMINE MIHOKO
所属機関・部署:
職名: 特任講師(第II種)
研究キーワード (2件): 学級集団に対する心理療法 ,  コンパッション
論文 (7件):
  • 今北哲平, 仲嶺実甫子, 佐藤寛. 介護職におけるセルフ・コンパッション,コーピング,バーンアウトの関連. 日本心理学研究. 2018. 89. 5. 449-458
  • 竹森 啓子, 仲嶺 実甫子, 佐藤 寛, 下津 咲絵. 中高生の援助要請行動と他者配慮が適応感に及ぼす影響. 認知療法研究. 2018. 11. 2. 206-216
  • 水崎優希, 仲嶺実甫子, 佐藤寛, 尾形明子. マインドフルな子育て尺度の作成と信頼性・妥当性の検討. マインドフルネス研究. 2018. 3. 1
  • 仲嶺 実甫子, 竹森 啓子, 佐藤 寛. セルフ・コンパッションが被援助志向性およびストレス反応に及ぼす影響. 関西大学心理学研究. 2018. 9. 13-19
  • 仲嶺 実甫子, 伊藤 義徳, 甲田 宗良, 佐藤 寛. コンパッションに基づく心理学的学級介入プログラムの効果の検討-中学生を対象とした介入効果の個人差の検討-. 関西大学心理学研究. 2018. 9. 1-11
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • ディスレクシアの診断を有する児童生徒における不登校の背景要因の検討
    (第17回発達性ディスレクシア研究会 2017)
  • 読字障害(発達性ディスレクシア Developmental Dyslexia: DD)308例より 第2報:DD308例の背景要因の検討-高い頻度の注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害の併存とそれを意識した病態理解と治療・療育の重要性-
    (第58回日本児童青年精神医学会総会 2017)
  • 読字障害(発達性ディスレクシア Developmental Dyslexia: DD)308例より 第1報:保護者と関係機関の連携により自立に至ったDDの2例および不登校に陥った症例分析
    (第58回日本児童青年精神医学会総会 2017)
  • 中学生の学級集団を対象とした自他へのコンパッションに基づく心理学的介入の効果の検討
    (日本心理学会第81回大会 2017)
  • 中高生の援助要請行動と他者配慮が適応感に及ぼす影響
    (第16回日本認知療法学会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2018 関西大学大学院 心理学専攻博士課程後期課程
  • 2012 - 2014 琉球大学大学院 臨床心理学専攻
  • 2008 - 2012 琉球大学 生涯教育課程教育カウンセリングコース
学位 (3件):
  • 博士(心理学) (関西大学大学院)
  • 修士(教育学) (琉球大学大学院)
  • 学士(教育学) (琉球大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04/01 - 現在 立正大学 心理学部 臨床心理学科 特任講師(第II種)
  • 2017/04 - 2019/03 平谷こども発達クリニック 心理士
  • 2014/04 - 2017/03 堺市こころの電話相談 相談員
  • 2014/04 - 2015/03 関西大学 非常勤心理士
所属学会 (5件):
日本認知・行動療法学会 ,  日本認知療法・認知行動療法学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本マインドフルネス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る