研究者
J-GLOBAL ID:201901004227960001   更新日: 2019年03月07日

筧 有子

Kakehi Yuko
所属機関・部署:
研究分野 (4件): 芸術実践論 ,  美学、芸術論 ,  子ども学、保育学 ,  教育学
研究キーワード (7件): 絵絹 ,  草木染め ,  造形教育 ,  天然染色 ,  日本画 ,  美術教育 ,  美術
論文 (1件):
  • 筧 有子. 「絵画における天然染料の活用に関する研究-描画材としての絹の染色に着目して」. 大学美術教育学会誌. 2019. 第51号
MISC (5件):
  • 小山内秀和, 筧 有子. 「造形活動におけるフロー体験-保育士・教職課程学生を対象とした探索的検討-」. 浜松学院大学研究論集. 2018. 第14号. 35-46
  • 筧 有子, 島埜内 恵. 「浜松地域のアート関連施設との連携事業による子どもワークショップについて」. 浜松学院大学 地域共創センター紀要. 2018. 第6号. 74-84
  • 坂本雄士, 筧 有子. 「現職教員の招聘による講義が大学生の教師効力感に及ぼす影響について-教職入門期における講義『教職概論』での実践を通して-」. 浜松学院大学学習支援センター紀要. 2017. 第8号. 13-22
  • 筧 有子. 「日本美術に関する鑑賞と表現の教育実践研究-保育士及び幼稚園・小学校教員養成課程の大学生実態調査と実践事例を通じて」. 浜松学院大学教職センター紀要. 2017. 第6号. 45-59
  • 中井 浩史, 筧 有子. 「ドローイング-その考察と教育実践」. 京都嵯峨芸術大学紀要. 2014. 第39号. 31-45
書籍 (1件):
  • 「超境する表現-さまざまな場でのドローイング実践とその効果-」
    あいり出版 2016 ISBN:9784865550269
講演・口頭発表等 (3件):
  • 「日本美術に関する鑑賞と表現の教育実践研究- 保育士及び幼稚園・小学校教員養成課程の大学生実態調査と実践事例を通じて」
    (大学美術教育学会 第55回札幌大会 北海道教育大学 2016)
  • 「美術分野の授業『ドローイングワークショップ』から考えるドローイングの力」
    (京都市美術館大展示室卒業制作展企画 卒業制作展共同講演 2015)
  • 「絵画をめぐる今日的問題について -『現代』と対峙する日本画」
    (大学美術教育学会 第53回福井大会 福井大学 2014)
Works (3件):
  • 展覧会「浮遊する色彩ー絵絹に天然染色を施した作品群」
    Gallery, 戸, 浜松市鴨江アートセンター, 筧, 有子 2018 - 2018
  • 展覧会「うさぎと革命」
    Trace 京都, 筧, 有子, 上野千紗 2016 - 2016
  • 展覧会「めぐるりアート静岡」
    静岡市美術館エントランスホール, 多目的室, 筧, 有子 2013 - 2013
学歴 (3件):
  • 2007 - 2008 ハンブルク芸術大学
  • 2000 - 2002 筑波大学 美術専攻
  • 1996 - 2000 筑波大学 日本画専攻
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 浜松学院大学 子どもコミュニケーション学科 専任講師
  • 2011/04 - 2016/03 京都嵯峨芸術大学短期大学部 非常勤講師
  • 2002/04 - 2003/07 桜ヶ丘高校 非常勤講師
所属学会 (2件):
大学美術教育学会 ,  日本美術教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る