研究者
J-GLOBAL ID:201901004506327335   更新日: 2020年08月07日

小川 貴央

オガワ タカヒサ | Ogawa Takahisa
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 応用生物化学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (1件): 環境ストレス、Nudix hydrolase、補酵素、ピリジンヌクレオチド、リボフラビン
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 植物細胞内におけるビタミンB2の代謝調節機構の包括的解明
  • 2018 - 2020 真の植物ビタミンC再生機構の解明
  • 2007 - 2008 植物におけるMutT/nudixタンパク質ファミリーの分子特性と環境ストレス耐性
論文 (30件):
  • Yusuke Terai, Hiromi Ueno, Takahisa Ogawa, Yoshihiro Sawa, Atsuko Miyagi, Maki Kawai-Yamada, Takahiro Ishikawa, Takanori Maruta. Dehydroascorbate reductases and glutathione set a threshold for high-light-induced ascorbate accumulation. Plant Physiology. 2020. 183. 5. 112-122
  • Saki Shiroma, Mio Tanaka, Tomohiro Sasaki, Takahisa Ogawa, Kazuya Yoshimura, Yoshihiro Sawa, Takanori Maruta, Takahiro Ishikawa. Chloroplast development activates the expression of ascorbate biosynthesis-associated genes in Arabidopsis roots. Plant Science. 2019. 284. 185-191
  • Takahisa Ogawa, Kazuya Yoshimura. Modulation of the subcellular levels of redox cofactors by Nudix hydrolases in chloroplasts. Environmental and Experimental Botany. 2019. 161. 57-66
  • Shun Tamaki, Kohei Nishino, Takahisa Ogawa, Takanori Maruta, Yoshihiro Sawa, Kazuharu Arakawa, Takahiro Ishikawa. Comparative proteomic analysis of mitochondria isolated from Euglena gracilis under aerobic and hypoxic conditions. PLoS ONE. 2019. 14. 12. e0227226
  • Takuya Tomiyama, Kyo Goto, Yuji Tanaka, Takanori Maruta, Takahisa Ogawa, Yoshihiro Sawa, Takuro Ito, Takahiro Ishikawa. A major isoform of mitochondrial trans-2enoyl-CoA reductase is dispensable for wax ester production in Euglena gracilis under anaerobic conditions. PLoS ONE. 2019. 14. 1. e0210755
もっと見る
MISC (44件):
  • 菊樂 香奈, 三冨 弦, 小川 貴央, 松浦 恭和, 森 泉, 石川 孝博, 丸田 隆典. 植物の酸化ストレス誘導性細胞死のレドックス制御. ビタミン. 2020. 94. 4. 250-250
  • 石川 孝博, 丸田 隆典, 小川 貴央, 吉村 和也, 重岡 成, Page Mike, Smirnoff Nicholas. 植物葉におけるアスコルビン酸プールサイズの制御には光合成電子伝達系を介したシグナルが重要である. ビタミン. 2020. 94. 4. 250-250
  • 原田 美帆, 難波 純也, 丸田 隆典, 石川 孝博, 吉村 和也, 重岡 成, 小川 貴央. 植物におけるフラビン代謝調節に関与する新規転写因子の同定と解析. ビタミン. 2020. 94. 4. 264-264
  • 菊池 円架, 難波 純也, 丸田 隆典, 石川 孝博, 吉村 和也, 重岡 成, 小川 貴央. 植物のフラビン化合物輸送に関与する新規因子の探索. ビタミン. 2018. 92. 4. 197-197
  • 石川 孝博, 丸田 隆典, 小川 貴央, 吉村 和也, 重岡 成, Page Mike, Smirnoff Nicholas. 強光によるアスコルビン酸プールサイズの制御には光合成電子伝達系を介したシグナルが重要である. ビタミン. 2018. 92. 4. 198-198
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • 植物におけるフラビン代謝調節に関与する新規転写因子の同定と解析
    (ビタミン 2020)
  • 植物葉におけるアスコルビン酸プールサイズの制御には光合成電子伝達系を介したシグナルが重要である
    (ビタミン 2020)
  • 植物の酸化ストレス誘導性細胞死のレドックス制御
    (ビタミン 2020)
  • シロイヌナズナvitamin C deficient 3変異体のリン酸化プロテオーム解析
    (第61回日本植物生理学会年会 2020)
  • ストレス応答に関与するAtNUDX6, 7の相互作用因子の探索と機能解析
    (第61回日本植物生理学会年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 近畿大学大学院 応用生命化学専攻
  • 2002 - 2004 近畿大学大学院 応用生命化学専攻
  • 1998 - 2002 近畿大学 食品栄養学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (近畿大学)
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 島根大学 学術研究院農生命科学系 准教授
  • 2015/03 - 2016/03 島根大学 生物資源科学部 特任助教
  • 2012/04 - 2015/02 近畿大学 農学部 科学技術振興機構 CREST博士研究員
  • 2008/04 - 2013/03 サラヤ株式会社 バイオケミカル研究所
  • 2007/04 - 2008/03 近畿大学 農学部 日本学術振興会特別研究員
受賞 (4件):
  • 2017/09 - 島根大学 島根大学若手研究者表彰 「植物における補酵素の代謝調節機構の解明」
  • 2017/06 - 日本ビタミン学会 2017年度日本ビタミン学会奨励賞 「植物の補酵素型ビタミン代謝におけるNudix hydrolaseファミリーの生理的役割」
  • 2015/03 - 日本農芸化学会 日本農芸化学会 2015年度大会トピックス賞 ラン藻FBP/SBPase遺伝子導入によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上
  • 2012/05 - 一般社団法人 大阪工研協会 平成24年度(社)大阪工研協会「工業技術賞 「ゼロカロリーキャンディーの開発」
所属学会 (4件):
日本ビタミン学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る