研究者
J-GLOBAL ID:201901004739169594   更新日: 2020年08月28日

長岡 亮

Nagaoka Ryo
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 医用システム
研究キーワード (1件): 医用超音波計測
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 革新的振動子と深層学習による次世代超音波ビームフォーマ
  • 2018 - 2021 左心室3次元血流ベクトルの超高時間分解能超音波計測システムの開発
  • 2017 - 2020 循環器動態の高精度解析を可能とする次世代超高速高調波超音波断層法の研究開発
  • 2016 - 2017 多チャンネル高周波数超音波プローブを用いた光音響サイトメトリーの開発
  • 2014 - 2016 連続波ドプラフォーカシング法による頸動脈の透過イメージングに関する研究
全件表示
論文 (62件):
  • Michio Takeuchi, Toshihiko Sakai, Gabor Andocs, Keizo Takao, Ryo Nagaoka, Hideyuki Hasegawa. Temperature elevation in tissue detected in vivo based on statistical analysis of ultrasonic scattered echoes. Scientific reports. 2020. 10. 1. 9030-9030
  • Michiya Mozumi, Ryo Nagaoka, Magnus Cinthio, Hideyuki Hasegawa. Anti-aliasing method for ultrasonic 2D phase-sensitive motion estimator. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SK. SKKE20
  • Ryo Shintate, Taisuke Morino, Kota Kawaguchi, Ryo Nagaoka, Kazuto Kobayashi, Makoto Kanzaki, Yoshifumi Saijo. Development of optical resolution photoacoustic microscopy with sub-micron lateral resolution for visualization of cells and their structures. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SK. SKKE11
  • Edo Bagus Prastika, Atsushi Imori, Tomohiro Kawashima, Yoshinobu Murakami, Naohiro Hozumi, Sachiko Yoshida, Ryo Nagaoka, Kazuto Kobayashi. Acoustic impedance interpretation of cross-sectional human skin by using time and frequency domain deconvolution. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SK. SKKB06
  • Kazuma Ando, Ryo Nagaoka, Hideyuki Hasegawa. Speckle reduction of medical ultrasound images using deep learning with fully convolutional network. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SK. SKKE06
もっと見る
MISC (5件):
  • 長岡亮, 吉澤晋, 梅村晋一郎, 西條芳文. 光超音波トモグラフィにおける光超音波信号の初期硫黄の補正による深さ分解能の改善に関する研究. 超音波テクノ. 2019. 31. 3. 70-74
  • 長谷川英之, 長岡亮. 医用超音波利用の最新動向. 機能材料. 2019. 39. 3. 36-41
  • 茂澄倫也, 長岡亮, 長谷川英之. 高距離分解能イメージング手法における伝播に伴う超音波波形変化に関する検討 -送受信間の応答の推定の併用によるフィルタ効果の改善-. 超音波テクノ. 2019. 31. 1. 74-79
  • 荒川元孝, 森翔平, 金井浩, 長岡亮, 堀江みき, 小林和人, 西條芳文. 超音波顕微鏡による生体資料の音響特性の解析方法の検討 -ロバストな解析方法を目指して-. 超音波テクノ. 2018. 30. 6. 26-32
  • 長岡亮, 荒川元孝, 小林和人, 吉澤晋, 梅村晋一郎, 西條芳文. 頸動脈壁の粘弾性計測に関する検討. 超音波テクノ. 2016. 28. 3. 10-14
書籍 (3件):
  • Relationship Between Skin Viscoelasticity and Sebaceous Grands Morphology Observed by Three-Dimensional Ultrasound Microscopy
    Acoustical Imaging 2015
  • Measurement of Skin Elasticity Using High Frequency Ultrasound Elastography with Intrinsic Deformation Induced by Arterial Pulsation
    Springer, Interface Oral Health Science 2014 - Innovative Research on Biosis-Abiosis Intelligent Interface 2014
  • High Frequency Ultrasound Viscoelasticity Measurement of Artificial Skin with Acoustic Radiation Force
    The 2013 International Congress on Ultrasonics, Singapore 2013
講演・口頭発表等 (1件):
  • Development of Photoacoustic Tomography System for Visualization of Micro-Circulation
    (International Young Researchers’ Workshop on Multimodal Medical Engineering 2018 2018)
学歴 (4件):
  • 2013 - 2016 東北大学大学院 博士課程
  • 2011 - 2013 東北大学大学院 修士課程
  • 2009 - 2011 東北大学 情報知能システム総合学科
  • 2004 - 2009 鶴岡工業高等専門学校 制御情報工学科
学位 (1件):
  • 博士(医工学) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 富山大学 学術研究部工学系 助教
  • 2018/03 - 2020/03 富山大学大学院 理工学研究部 特命助教
  • 2016/04 - 2018/01 東北大学大学院 医工学研究科 特任助教
  • 2014/04 - 2016/03 東北大学大学院 医工学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 日本超音波医学会 工学フェロー
  • 2019/04 - 現在 電子情報通信学会 北陸支部 会計幹事
受賞 (8件):
  • 2019/05 - 日本超音波医学会 奨励賞
  • 2018/10 - USE2017 論文賞受賞 (共著)
  • 2016/03 - 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞
  • 2016/03 - 日本音響学会東北支部 優秀論文賞
  • 2014/10 - The 9th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering Second place of student poster competition
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る