研究者
J-GLOBAL ID:201901004830898086   更新日: 2020年08月31日

佐藤 祐哉

サトウ ユウヤ | Sato Yuya
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 発生生物学 ,  細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  分子生物学
研究キーワード (8件): ラミニン ,  インテグリン ,  基底膜 ,  腸脳相関 ,  腸内分泌細胞 ,  神経幹細胞 ,  幹細胞ニッチ ,  細胞外マトリックス
論文 (4件):
  • Sato Y, Kiyozumi D, Futaki S, Nakano I, Shimono C, Kaneko N, Ikawa M, Okabe M, Sawamoto K, Sekiguchi K. Ventricular-subventricular zone fractones are speckled basement membranes that function as a neural stem cell niche. Molecular biology of the cell. 2019. 30. 1. 56-68
  • Ozawa A, Sato Y, Imabayashi T, Uemura T, Takagi J, Sekiguchi K. Molecular Basis of the Ligand Binding Specificity of αvβ8 Integrin. The Journal of biological chemistry. 2016. 291. 22. 11551-11565
  • Sato-Nishiuchi R, Nakano I, Ozawa A, Sato Y, Takeichi M, Kiyozumi D, Yamazaki K, Yasunaga T, Futaki S, Sekiguchi K. Polydom/SVEP1 is a ligand for integrin α9β1. The Journal of biological chemistry. 2012. 287. 30. 25615-25630
  • Kiyozumi D, Takeichi M, Nakano I, Sato Y, Fukuda T, Sekiguchi K. Basement membrane assembly of the integrin α8β1 ligand nephronectin requires Fraser syndrome-associated proteins. The Journal of cell biology. 2012. 197. 5. 677-689
MISC (2件):
  • 佐藤祐哉, 関口清俊. 神経-血管相互作用と細胞外マトリックス. 血管医学. 2013. 14. 3. 279-286
  • 藤井慎介, 松本真司, 佐藤祐哉, 下野知性, 関口清俊, 菊池章. 基底膜蛋白質Nidogen-1はWnt3aと結合しWnt/βカテニン経路の活性化を促進する. 日本生化学会大会(Web). 2012. 85th. 2T09-11 (WEB ONLY)
学歴 (3件):
  • 2004 - 2009 大阪大学 理学研究科 生物科学専攻
  • 2002 - 2004 大阪大学 理学研究科 化学専攻
  • 1998 - 2002 大阪大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2019/06 - 現在 神戸大学大学院 医学研究科 講師
  • 2016/05 - 2019/05 米国国立衛生研究所 国立心肺血液研究所 リサーチフェロー
  • 2009/11 - 2016/03 大阪大学 特任研究員
受賞 (4件):
  • 2019/06 - 第51回日本結合組織学会学術大会 Young Investigator Award
  • 2015/11 - 成体脳ニューロン新生懇談会 最優秀プレゼンテーション賞
  • 2009/10 - 日本生化学会大会 優秀プレゼンテーション賞
  • 2006/05 - 平成18年度 蛋白質研究所報告会 IPR retreat 2006 優秀ポスター賞
所属学会 (3件):
日本結合組織学会 ,  日本神経化学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る