研究者
J-GLOBAL ID:201901005025599133   更新日: 2020年09月01日

大内 みふか

Mifuka Ouchi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (4件): 骨盤臓器脱 ,  尿失禁 ,  骨盤底筋トレーニング ,  理学療法
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 高齢女性における視覚フィードバックを用いた新たな骨盤底リハビリテーションの構築
  • 排泄の悩みを解決するスマートデバイス「かわや日記帳」の開発 -IoTを用いた医学情報管理クラウドシステムの構築-
  • 脳血管障害発症後尿失禁を有する男性に対する骨盤底筋トレーニングの有効性の検討
論文 (10件):
  • Mifuka Ouchi, Takeya Kitta, Yui Takahashi, Hiroki Chiba, Madoka Higuchi, Mio Togo, Nobuo Shinohara. Reliability of manometry for assessing pelvic floor muscle function in healthy men. Neurourology and urodynamics. 2020. 39. 5. 1464-1471
  • Mio Togo, Takeya Kitta, Yukiko Kanno, Mifuka Ouchi, Shino Tokiwa, Tingwen Huang, Shingo Moriyama, Jimmy Nomura, Kimihiko Moriya, Nobuo Shinohara. Lower urinary tract function improves after laparoscopic sacrocolpopexy for elderly patients with pelvic organ prolapse. Lower urinary tract symptoms. 2020
  • Mifuka Ouchi, Takeya Kitta, Shigeyuki Suzuki, Nobuo Shinohara, Kumiko Kato. Evaluating pelvic floor muscle contractility using two-dimensional transperineal ultrasonography in patients with pelvic organ prolapse. Neurourology and urodynamics. 2019. 38. 5. 1363-1369
  • Mifuka Ouchi, Takeya Kitta, Yukiko Kanno, Madoka Higuchi, Mio Togo, Yui Takahashi, Kimihiko Moriya, Nobuo Shinohara. Dopaminergic urethral closure mechanisms in a rat model of Parkinson's disease. Neurourology and urodynamics. 2019. 38. 5. 1203-1211
  • Ouchi M, Kitta T, Kanno Y, Higuchi M, Togo M, Moriya K, Shinohara N. Effect of a 5-HT2c receptor agonist on urethral closure mechanisms in female rats. Neurourology and urodynamics. 2018. 37. 8. 2382-2388
もっと見る
MISC (76件):
  • 青木 芳隆, 大内 みふか, 今西 里佳, 藤原 俊之. 【泌尿器疾患のリハビリテーション】療法士と協働で行う排尿障害のアセスメント. 泌尿器外科. 2019. 32. 12. 1455-1463
  • 高橋 由依, 橘田 岳也, 大内 みふか, 千葉 博基, 樋口 まどか, 東郷 未緒, 篠原 信雄. 骨盤神経運動枝切断による擬似出産ラットモデルにおける骨盤底筋の組織学的検討. 日本排尿機能学会誌. 2019. 30. 1. 211-211
  • 大内 みふか, 橘田 岳也, 高橋 由依, 千葉 博基, 樋口 まどか, 東郷 未緒, 篠原 信雄. 健常男性における肛門圧測定の再現性の検討. 日本排尿機能学会誌. 2019. 30. 1. 229-229
  • 大内 みふか, 青木 芳隆, 橘田 岳也, 高橋 由依, 重田 美和, 横井 悠加, 井上 倫恵, 横山 剛志, 横山 修, 吉田 正貴. 多職種チームによる骨盤底筋トレーニングハンズオンセミナーにおける習熟度と現状調査から見た指導技術習得の重要性. 日本排尿機能学会誌. 2019. 30. 1. 232-232
  • 東郷 未緒, 橘田 岳也, 千葉 博基, 樋口 まどか, 大内 みふか, 高橋 由依, 篠原 信雄. 超音波検査を用いた尿流動態検査に対する代替検査の検討. 日本排尿機能学会誌. 2019. 30. 1. 250-250
もっと見る
書籍 (3件):
  • 予防と産業の理学療法
    2020
  • リハスタッフのための排泄リハビリテーション
    メジカルビュー 2018
  • エビデンスに基づく骨盤底の理学療法 原著第2版 科学と臨床をつなぐ
    医歯薬出版 2017
講演・口頭発表等 (38件):
  • 健常男性における肛門圧測定の再現性の検討
    (日本排尿機能学会誌 2019)
  • 骨盤底筋トレーニングハンズオンセミナーにおける習熟度と現状調査から見た骨盤底筋触診技術の重要性
    (理学療法学 2019)
  • POPおよび尿失禁に対する骨盤底筋体操の指導と効果 骨盤底筋体操のエビデンスと諸外国での実践
    (日本女性骨盤底医学会誌 2018)
  • 背臥位と中腰位における腟圧及び体幹筋活動の違い
    (第6回日本運動器理学療法学術大会 2018)
  • 骨盤底筋トレーニングハンズオンセミナーにおける習熟度と現状調査から見た骨盤底筋触診技術の重要性
    (第6回日本運動器理学療法学術大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (北海道大学)
受賞 (3件):
  • 2018/09 - 北海道大学大学院 第14回音羽博次奨学基金
  • 2017/10 - 日本泌尿器科学会 第402回日本泌尿器科学会地方会賞
  • 2017/05 - 日本理学療法学会 第52回日本理学療法士学会学術誌掲載論文優秀賞
所属学会 (7件):
International Continence Society ,  European Association of Urology ,  日本理学療法士協会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本排尿機能学会 ,  日本女性骨盤底医学会 ,  日本老年泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る