研究者
J-GLOBAL ID:201901005135749971   更新日: 2024年07月16日

辰己 晶洋

タツミ アキヒロ | Tatsumi Akihiro
所属機関・部署:
職名: 特定業務職員(有期)
研究分野 (2件): ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  感性情報学
研究キーワード (4件): ヒューマンインタフェース ,  コミュニケーション支援 ,  ヒューマンロボットインタラクション ,  ヒューマンエージェントインタラクション
論文 (5件):
  • Tatsumi, A, Okubo, M. Influences of changing clothes color of communication robot on information transmission to listener. Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing. 2024. 18. 3. JAMDSM0031-JAMDSM0031
  • 辰己晶洋, 大久保雅史. コミュニケーションロボットの着衣色による感情表出手法の提案. 日本感性工学会論文誌. 2023. 22. 2. 75-84
  • Akihiro Tatsumi, Kazuyuki Seki, Masashi Okubo. Influence of Visual Non-verbal Information on Information Transmission to Audience. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2020. 952. 86-94
  • Akihiro Tatsumi, Masashi Okubo. Influence of Presence of Operator of Humanoid Robot on Personal Space. Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics). 2019. 11566. 340-357
  • 辰己晶洋, 大久保雅史. ヒューマノイドロボットの着衣の色が対人距離に及ぼす影響. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2018. 20. 2. 281-288
MISC (1件):
  • 辰己晶洋. 第9回 突撃! HIを学んだ私たちの未来. ヒューマンインタフェース学会誌. 2019. 21. 4. 28-29
講演・口頭発表等 (39件):
  • 焦点距離による距離感制御がVR空間コミュニケーションにおける情報伝達に及ぼす影響
    (第211回ヒューマンインタフェース学会研究会 2024)
  • VR空間におけるアバター提示方法がタスクパフォーマンスと身体化感覚に及ぼす影響
    (第211回ヒューマンインタフェース学会研究会 2024)
  • アバターの印象がコミュニケーションにおける伝達度・伝達感に及ぼす影響
    (第204回ヒューマンインタフェース学会研究会 2023)
  • VR空間におけるユーザのパーソナルスペースに基づいた画面表示法の提案
    (第204回ヒューマンインタフェース学会研究会 2023)
  • 歩行の阻害・促進要因に基づく啓発動画が行動変容に及ぼす影響
    (ヒューマンインタフェースシンポジウム2023 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2019 - 2023 同志社大学大学院 理工学研究科 情報工学専攻 博士課程(後期課程)
  • 2017 - 2019 同志社大学大学院 理工学研究科 情報工学専攻 博士課程(前期課程)
  • 2013 - 2017 同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科
学位 (2件):
  • 修士(工学) (同志社大学)
  • 博士(工学) (同志社大学)
経歴 (3件):
  • 2022/04 - 現在 同志社大学 環境保全・実験実習支援センター事務室 特定業務職員(有期)
  • 2021/04 - 2022/03 同志社大学 研究開発推進機構 リサーチ・アシスタント(RA)
  • 2019/06 - 2020/03 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 知能ロボティクス研究所 連携実習生
受賞 (3件):
  • 2023/09 - International Conference on Design and Concurrent Engineering & Manufacturing Systems Conference 2023 (iDECON/MS2023) Best Paper Award Influences of changing clothes color of communication robot on information transmission to listener
  • 2022/05 - ヒューマンインタフェース学会 コミュニケーション支援専門研究委員会 2021年度コミュニケーション支援研究賞 コミュニケーションロボットの愛嬌のある挨拶動作のデザイン
  • 2018/11 - The Asian Conference on Design and Digital Engineering 2018 (ACDDE2018) Beat Presentation Award
所属学会 (3件):
日本感性工学会 ,  情報処理学会 ,  ヒューマンインタフェース学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る