研究者
J-GLOBAL ID:201901005220531306   更新日: 2020年07月03日

関根 弘樹

Sekine Hiroki
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (3件): 遺伝子発現 ,  翻訳後修飾 ,  転写因子
論文 (21件):
  • Sato K, Hirano I, Sekine H, Miyauchi K, Nakai T, Kato K, Ito S, Yamamoto M, Suzuki N. An immortalized cell line derived from renal erythropoietin-producing (REP) cells demonstrates their potential to transform into myofibroblasts. Scientific reports. 2019. 9. 1. 11254-11254
  • Dodo M, Kitamura H, Shima H, Saigusa D, Wati SM, Ota N, Katsuoka F, Chiba H, Okae H, Arima T, Igarashi K, Koseki T, Sekine H, Motohashi H. Lactate dehydrogenase C is required for the protein expression of a sperm-specific isoform of lactate dehydrogenase A. Journal of biochemistry. 2019. 165. 4. 323-334
  • Sekine H, Yamamoto M, Motohashi H. Tumors sweeten macrophages with acids. Nature immunology. 2018. 19. 12. 1281-1283
  • Sekine H, Okazaki K, Kato K, Alam MM, Shima H, Katsuoka F, Tsujita T, Suzuki N, Kobayashi A, Igarashi K, Yamamoto M, Motohashi H. O-GlcNAcylation Signal Mediates Proteasome Inhibitor Resistance in Cancer Cells by Stabilizing NRF1. Molecular and cellular biology. 2018. 38. 17
  • 佐藤 浩司, 平野 育生, 関根 弘樹, 宮内 健一郎, 中井 啄, 加藤 幸一郎, 伊藤 貞嘉, 山本 雅之, 鈴木 教郎. 腎エリスロポエチン産生細胞(REP細胞)由来の細胞株は、細胞自律性TGFβ発現により筋線維芽細胞の形質を有する. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2018. 91回. [3T12m-019)]
もっと見る
MISC (4件):
  • 関根 弘樹, 本橋 ほづみ. 【メタボローム解析UPDATE】基礎 がん細胞の代謝とCNC転写因子NRF1、NRF2. 医学のあゆみ. 2019. 270. 5. 429-435
  • 関根 弘樹, 本橋 ほづみ. 【遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル 糖、脂質、アミノ酸による転写調節・生体恒常性機構と疾患をつなぐニュートリゲノミクス】(第2章)栄養環境応答において、ゲノムはどのように読まれるか? ニュートリゲノミクス 酸化ストレス応答転写因子NRF2の転写制御機構. 実験医学. 2016. 34. 15. 2517-2524
  • 関根弘樹、本橋ほづみ. 【遺伝子制御の新たな主役-栄養シグナル-】酸化ストレス応答転写因子NRF2の転写制御機構. 実験医学増刊. 2016. 34. 15. 119-126
  • 関根 弘樹, Poellinger Lorenz, 鈴木 教郎. 【ストレス応答性転写因子:その新機能とがん、免疫・代謝・変性疾患との関係】低酸素応答性転写因子HIFと疾患. 細胞工学. 2014. 33. 7. 711-715
講演・口頭発表等 (5件):
  • グルコース・グルタミンによるヘキソサミン経路を介したタンパク質の分解制御
    (第92回日本生化学会大会 2019)
  • 低酸素誘導性因子 HIF2alphaによる転写活性化の分子基盤
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • O-結合型糖鎖修飾によるがん細胞のプロテアソーム阻害剤の分子機構
    (第6回がんと代謝研究会 2018)
  • O-GlcNAcylation signal confers resistance to proteasome inhibitors on cancer cells by increasing NRF1 stability.
    (第77回癌学会学術総会 2018)
  • The Mediator subunit MED16 transduces NRF2-activating signals into antioxidant gene expression.
    (第9回国際NO学会 2016)
所属学会 (1件):
日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る