研究者
J-GLOBAL ID:201901005300700796   更新日: 2019年12月21日

名西 恵子

ナニシ ケイコ | Nanishi Keiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 衛生学・公衆衛生学 ,  衛生学・公衆衛生学
研究キーワード (5件): ボンディング障害 ,  母乳育児自己効力感 ,  母子の継続ケア ,  国際保健 ,  母乳育児
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2020 カンボジアでの包括的継続ケア研究-母子保健・感染症対策継続ケアモデル構築と評価
  • 2015 - 2018 統合ケアの推進-保健関連ポスト国連ミレニアム開発目標における疾病対策戦略
  • 2015 - 2018 バングラデシュ農村の小児の2型糖尿病の疫学調査-将来の発病と低栄養との関連の検討
  • 2015 - 2018 ラオスにおける母乳育児自己効力感向上プログラムの開発
  • 2012 - 2016 ガーナ国EMBRACE実施研究
全件表示
論文 (44件):
  • Yasuoka J, Kikuchi K, Nanishi K, Ly P, Thavrin B, Omatsu T, Mizutani T. Malaria knowledge, preventive actions, and treatment-seeking behavior among ethnic minorities in Ratanakiri Province, Cambodia: a community-based cross-sectional survey. BMC public health. 2018. 18. 1. 1206
  • Okawa S, Gyapong M, Leslie H, Shibanuma A, Kikuchi K, Yeji F, Tawiah C, Addei S, Nanishi K, Oduro AR, Owusu-Agyei S, Ansah E, Asare GQ, Yasuoka J, Hodgson A, Jimba M, Ghana EMBRACE Implementation Research Project Team. Effect of continuum-of-care intervention package on improving contacts and quality of maternal and newborn healthcare in Ghana: a cluster randomised controlled trial. BMJ open. 2019. 9. 9. e025347
  • Shrestha S, Shibanuma A, Poudel KC, Nanishi K, Koyama Abe M, Shakya SK, Jimba M. Perceived social support, coping, and stigma on the quality of life of people living with HIV in Nepal: a moderated mediation analysis. AIDS care. 2018. 31. 4. 1-8
  • Hongo H, Green J, Shibanuma A, Nanishi K, Jimba M. The Influence of Breastfeeding Peer Support on Breastfeeding Satisfaction Among Japanese Mothers: A Randomized Controlled Trial. Journal of human lactation : official journal of International Lactation Consultant Association. 2019. 890334419869601
  • Okawa S, Win HH, Nanishi K, Shibanuma A, Aye PP, Saw TN, Jimba M. Advice on healthy pregnancy, delivery, motherhood and information on non-communicable diseases in the maternal care programme in Myanmar: a cross-sectional study. BMJ open. 2019. 9. 3. e025186
もっと見る
MISC (37件):
  • 松崎政代, 春名めぐみ, 笹川恵美, 名西恵子, 大川純代, 菊地君与, 齋藤益子. 性感染症に関する化学反応を利用した体験型ワーク後の海外の医療研修者の意識調査. 日本性感染症学会誌. 2015. 26. 2. 86-86
  • 名西 恵子. 【「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)」をよりよく活用するために】社会全体で取り組むヘルスプロモーションとしての母乳育児支援 2019年3月改定「授乳・離乳の支援ガイド」に寄せて. 助産雑誌. 2019. 73. 11. 914-917
  • 名西 恵子, 本郷 寛子. ソーシャルサポートは母乳のみによる育児と関連するか?産後3ヵ月から5ヵ月までの縦断研究. 日本母乳哺育学会雑誌. 2019. 13. Suppl. 76-76
  • 本郷 寛子, 名西 恵子. 退院後のピアサポートが満足のいく授乳経験に及ぼす効果 ランダム化比較試験. 日本母乳哺育学会雑誌. 2019. 13. Suppl. 77-77
  • 名西 恵子. 高い母乳育児自己効力感は、産後の抑うつ傾向を抑制するか?. 日本母乳哺育学会雑誌. 2019. 13. Suppl. 93-93
もっと見る
学位 (2件):
  • 保健学博士 (東京大学大学院医学系研究科)
  • 医師
委員歴 (2件):
  • 2014/11 - 現在 日本国際保健医療学会 代議員
  • 2015/05 - 2018/05 日本健康教育学会雑誌 編集委員
所属学会 (2件):
日本母乳哺育学会 ,  日本国際保健医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る