研究者
J-GLOBAL ID:201901005392582450   更新日: 2024年02月01日

中水流 彩

ナカズル アヤ | Aya Nakazuru
所属機関・部署:
研究分野 (1件): その他
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2023 - 2026 先天性心疾患をもつ幼児の主体的な発達を支える包括的援助指針の開発
  • 2020 - 2024 先天性心疾患手術を受ける幼児のレディネス発達を促進する看護支援プログラムの開発
論文 (7件):
MISC (2件):
  • 板垣瑞穂, 一戸美紀, 増嶋宏行, 中水流彩. 先天性心疾患により段階的に手術を行う患児の母親が抱く入院中の不安と看護師の関わり. 第40回千葉県看護研究学会抄録集. 2022. 26-28
  • 松澤 明美, 佐藤 奈保, 中水流 彩. 障がいのあるわが子をケアする向老期・高齢期の親の健康と生活の質 スコーピング・レビュー. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2021. 41回. P21-15
講演・口頭発表等 (13件):
  • Changes in preschool children and parents who used learning material for congenital heart disease: A Single group pre-post test.
    (The 8th World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery 2023)
  • すべての職種に役立つ患者・保護者との関わり方:病棟保育士の視点、急性期・慢性期看護の葛藤、リエゾンチームの役割など 先天性心疾患手術を受ける幼児のレディネス発達を促進する学習材の有効性の評価
    (日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集 2023)
  • 先天性心疾患における「家族看護」 先天性心疾患をもち治療を受ける子どもの家族看護
    (日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集 2023)
  • 表彰論文を振りかえり考える『実践と研究の往還』
    (千葉看護学会第28回 学術集会 2022)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行下で実施した小児看護学学内代替実習の報告 -第2報-
    (千葉看護学会第27回学術集会 講演集 2021)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士 (看護学)
  • 修士 (看護学)
受賞 (1件):
  • 2020/09 - 千葉看護学会 2020年度千葉看護学会表彰論文 先天性心疾患手術を受ける幼児の主体的なレディネス発達を促進する看護援助の考案
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る