研究者
J-GLOBAL ID:201901005544282660   更新日: 2021年06月09日

時津 啓

Tokitsu Kei
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (1件): メディア教育
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 国語科メディア対話論の構築-対話過程における学びの明確化-
  • 2020 - 2023 SNS時代におけるメディア教育の理論=実践-「総合的な学習の時間」の授業開発
  • 2019 - 参加型メディア教育の理論と実践
  • 2015 - 2017 いじめ問題の解決に向けたメディア論的な教材・指導プログラムの開発
論文 (34件):
  • 園山繁樹, 佐藤久美, 時津啓. 知的障害特別支援学校のカリキュラム・マネジメントに関する考察 -特別支援学校学習指導要領および関連文献を手がかりに-. 島根県立大学・島根県立大学短期大学部教職センター年報. 2021. 2. 82-96
  • 園山繁樹, 趙成河, 時津啓. 知的障害と自閉症を併せ有する児童生徒の「主体的・対話的で深い学び」に関する一考察. 島根県立大学・島根県立大学短期大学部教職センター年報. 2021. 2. 67-81
  • 時津啓. インターネットの学校 -学校を通した人口減少の市場化と村上世彰の教育実践-. 『教育学研究紀要』(CD-ROM版). 2021. 66. 766-770
  • 時津啓. 「英語による『教育原理』の授業実践」 -サポーターに求める資質・能力と振り返りシートの活用-」. 『島根県立大学・島根県立大学短期大学部教職センタ-紀要』. 2020. 1. 2-9
  • 時津啓. サポーター養成プログラムの策定に向けた試案-サポーターに求める資質・能力と振り返りシートの活用. 子育て支援研究センター紀要. 2019. 9. 27-31
もっと見る
MISC (5件):
書籍 (5件):
  • 参加型メディア教育の理論と実践-バッキンガムのメディア制作教育論の新たな展開をめざして
    明石書店 2019
  • 教育的関係の解釈学
    東信堂 2019
  • 特別活動論
    協同出版 2014
  • 道徳教育指導論
    協同出版 2014
  • 教育学概論
    福村書店 2008
講演・口頭発表等 (1件):
  • 教職のための「主体的・対話的な深い学び」レッスン
    (これからの教師像 2018 2019)
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 広島大学大学院 教育科学専攻
  • 1999 - 2001 広島大学大学院 教育科学専攻
  • 1995 - 1999 長崎大学 小学校教員養成課程
学位 (2件):
  • 博士(教育学) (広島大学)
  • 修士(教育学) (広島大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 島根県立大学 人間文化学部 教授
  • 2018/04 - 2019/03 広島文化学園大学 学芸学部 教授
  • 2013/04 - 2018/03 広島文化学園大学 学芸学部 准教授
  • 2008/04 - 2013/03 広島文化学園大学 社会情報学部 講師
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 2019/03 教育ネットワーク中国 大学間高大連携委員
  • 2017/04 - 2018/03 広島市教員等の育成に関する協議会
所属学会 (11件):
日本道徳教育方法学会 ,  社会情報学会 ,  中国四国教育学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  日本教育メディア学会 ,  日英教育学会 ,  カルチュラル・スタディーズ学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育学会 ,  教育思想史学会 ,  教育哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る