研究者
J-GLOBAL ID:201901005962474052   更新日: 2021年04月08日

木野村 嘉則

Yoshinori Kinomura
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 2016 初心者が助走を生かして踏切るために課題となる踏切動作
  • 2015 - 2015 小学校の道徳授業におけるケアの実際: 理論と実践の統合をめざして
  • 2013 - 2014 教室環境におけるジョイント・アテンションの事例研究
論文 (24件):
  • 西村三郎, 宮崎明世, 木野村嘉則, 木塚朝博. Identifying an effective technique to improve the sprinting performance of male high school students who have a low sprinting ability. 2020. 20. 3. 2021-2029
  • 小嶋 季輝, 上赤 祐司, 小山 雄三, 木野村 嘉則. 「深い学び」の実現に向けた授業改善の方途の提案 : 中学校3年「走り高跳び」「背面跳び」の学習を事例として. 東邦学誌. 2019. 48. 1. 71-90
  • Saburo Nishimura, Yoshinori Kinomura, Yasuto Kobayashi, Rei Matsuzaki, Shoichi Matsushita, Nobuyuki Ikeda. Learning Outcomes for Physical Education in Long Jump: Is it Possible for 5th Graders to Learn Take-off Techniques that Enable Greater Vertical Velocity?. International Journal of Sport and Health Science. 2019. 17. A37-A53
  • 木野村嘉則, 小島正憲, 葛原憲治. DARTFISHを用いて算出した上肢および下肢関節角度の信頼性と妥当性 : 倒立動作の2次元動作分析を事例として. Strength & conditioning journal. 2018. 25. 4. 12-18
  • 相川 悠貴, 木野村 嘉則, 兼安 真弓. 2型糖尿病モデルラットの糖代謝異常発現に対する田七人参摂取と運動の効果. 紀要 = Bulletin. 2018. 66. 1-7
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (1件):
  • 長寿社会を生きる-地域の健康づくりをめざして
    唯学書房 2017
講演・口頭発表等 (19件):
  • Characteristics of jump ability in female volleyball players
    (The 2019 International Conference for the 8th East Asian Alliance of Sport Pedagogy 2019)
  • Characteristics of female volleyball players with high efficiency of arm swing and counter movement in vertical jump
    (The 2019 International Conference for the 8th East Asian Alliance of Sport Pedagogy 2019)
  • 走幅跳の助走において選手の感覚とデータは一致するのか?-各歩の助走速度と接地時間に着目して-
    (日本陸上競技学会大会第17回大会 2018)
  • プライオメトリクストレーニングにおける力発揮特性の経変変化~自己記録を向上させた選手の特徴~
    (トレーニング科学 2018)
  • Case study of the effect of high-intensity intermittent exercise on the distance traveled during high-speed running in a football game
    (2018 KNSU International Conference - Asia-pacific Conference on Coaching Science 2018)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2018/08 - 日本体育学会 日本体育学会学会奨励賞
  • 2013/12 - 日本陸上競技学会 学会賞
  • 2011/07 - 人類働態学会第46回全国大会 優秀賞
所属学会 (9件):
日本バレーボール学会 ,  スポーツパフォーマンス学会 ,  日本陸上競技学会 ,  日本体育科教育学会 ,  日本スポーツ教育学会 ,  日本教材学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本コーチング学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る