研究者
J-GLOBAL ID:201901006023186598   更新日: 2021年10月18日

後藤 昌弘

ゴトウ マサヒロ | MASAHIRO GOTO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (5件): 筋萎縮 ,  筋肥大 ,  低酸素 ,  近赤外線分光 ,  レジスタンストレーニング
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 クール・レジスタンス・運動が筋組織内酸素代謝に及ぼす影響と臨床への応用
論文 (14件):
  • Shigeru Terada, Masahiro Goto, Yohihiro Yamashina, Hiroto Honda, Yusuke Yamato, Tomoko Hirayama. Analysis of the effects of staticstretching of the ankle on joint drive resistance based on joint movement direction and exercise area. Archives of Physical Health and Sports Medicine. 2020. 3. 1. 01-06
  • Honda H, Yoshikawa K, Yamashina Y, Yamato Y, Terada S, Goto M. Impact of social networking service usage on self-learning activity and physycal activity in japanese undergraduate physical therapy students: A cross-sectional study. Journal of Allied Health Sciences. 2020
  • Yoshihiro Yamashina, Kazuyuki Tabira, Hiroki Aoyama, Tomoko Hirayama, Hiroto Honda, Yosuke Yamato, Emiko Morita, Nami Sakagami, Yumi Fukuyama, Sho Kumabe, et al. Cough Peak Flow of Independent Elderly People. Advances in Physical Education. 2020. 10. 04. 347-353
  • Honda H, Yoshikawa K, YamashinaY, Yamato Y, Terada S, Goto M. Association among social-networking service usage via smartphone, internetaddiction, and psychological stress in Japanesephysical therapy universitystudents: A single-university crossectional study. J Phys Ther Sci, 32(9): 591-596, 2020. 2020
  • Yamashina Y, Aoyama H, Hori H, Morita E, Sakagami N, Hirayama T, Yamato Y, Honda H, Terada S, Goto M, et al. Comparison of respiratory muscle strength in individuals performing continuous and noncontinuous walking exercises in water after the 6-week program. Journal of exercise rehabilitation. 2019. 15. 4. 566-570
もっと見る
MISC (27件):
  • Goto M. Resistance exercise protocols producing intramuscular hypoxia and its effect of muscle hypertrophy. 立命館大学大学院. 2018
  • 岩村 真樹, 梶本 浩之, 熊田 仁, 平山 朋子, 後藤 昌弘, 西村 敦. 臨床教員制度下における臨床実習教育システムの紹介. 藍野学院紀要. 2017. 29. 17-24
  • Matsuda N, Suzuki K, Watanabe A, Goto M, Matsumura K, Ohkawa A, Sugie Y, Kurosawa K, Takeda M. How can Aino University thrive as a global institution?. Aino Journal. 2017. 16. 59-65
  • Watanabe A, Aoyama H, matsuda N, Mimura S, Miyamoto C, Nitta Y, Kohri S, Suzuki K, Goto M, Kurosawa K. International medical training at Aino University. Aino Journal. 2017. 16. 62-72
  • Nishimura A, Goto M, Noda T, Kumada H, Hirayama T, Iwamura M. Research activities in the department of physical Therapy. Aino Journal. 2015. 24. 13-17
もっと見る
書籍 (4件):
  • 運動器障害理学療法学テキスト
    南江堂 2013
  • 学生のための物理療法学
    大学教育出版 2004 ISBN:488730580X
  • Martial Art and Sport Vol. 4
    Kyodai Karate-Do Inc. 2000
  • リハビリテーション介護 理論と実践
    一橋出版 1997
学歴 (5件):
  • 2013 - 2018 立命館大学大学院博士課程後期課程
  • 2008 - 2013 広島大学大学院
  • 1999 - 2002 Long Island University, NY
  • 1987 - 1990 愛媛十全医療学院 理学療法学科
  • 1982 - 1987 大阪外国語大学 イスパニア語学科
学位 (1件):
  • スポーツ・健康科学 (立命館大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 藍野大学 理学療法学科 教授・学科長
  • 2004/04 - 2017/03 藍野大学 医療保健学部 理学療法学科 教授・学科長補佐
  • 1996/04 - 2004/03 藍野医療福祉専門学校 理学療法学科 専任講師
  • 1992/10 - 1996/03 藍野医療技術専門学校 理学療法学科 専任講師
  • 1990/04 - 1992/09 上尾中央総合病院 リハビリテーション科 理学療法士
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 臨床実習指導者会議大阪府養成校協議会 理事
  • 2017/04 - 現在 保健医療学学会 理事
  • 2004/04 - 現在 藍野大学 国際交流委員会 委員長
  • 2019/11 - 第9回保健医療学学術集会 集会長
受賞 (1件):
  • 2014/11 - 第2回韓日理学療法学学会 最優秀賞
所属学会 (4件):
National Strength and Conditioning Association (NSCA) ,  保健医療学学会 ,  日本体力医学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る