研究者
J-GLOBAL ID:201901006682288713   更新日: 2021年06月07日

淵上 剛志

Fuchigami Takeshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 薬系衛生、生物化学 ,  放射線科学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  薬系分析、物理化学
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2021 - 2027 初期膵臓がんを一元的に診断・治療できる医療技術の開発
  • 2021 - 2022 膵臓がんの早期精密診断を目的とした金ナノ粒子型イメージングプローブの開発
  • 2018 - 2021 膵臓がんの早期精密診断を目的としたナノボディ型分子プローブの開発
  • 2020 - 2021 膵臓癌の早期診断や効果的治療を目的としたナノボディ修飾金ナノ粒子薬剤の開発
  • 2020 - Survivinを標的としたがん選択的内用療法を目的とする中分子薬剤の開発
全件表示
論文 (63件):
  • Takeshi Fuchigami, Takeshi Chiga, Sakura Yoshida, Makoto Oba, Yu Fukushima, Hiromi Inoue, Akari Matsuura, Akira Toriba, Morio Nakayama. Synthesis and characterization of radiogallium-labeled cationic amphiphilic peptides as tumor imaging agents. Cancers. 2021. 13. 10. 2388-2388
  • Takeshi Fuchigami, Tom Haywood, Gayatri Gowrishankar, David Anders, Mohammad Namavari, Mirwais Wardak, Sanjiv Sam Gambhir. Synthesis and Characterization of 9-(4-[18F]Fluoro-3-(hydroxymethyl)butyl)-2-(phenylthio)-6-oxopurine as a Novel PET Agent for Mutant Herpes Simplex Virus Type 1 Thymidine Kinase Reporter Gene Imaging. Molecular Imaging and Biology. 2020. 22. 5. 1151-1160
  • Takeshi Fuchigami, Masao Kawasaki, Hiroyuki Watanabe, Takehiro Nakagaki, Kodai Nishi, Kazunori Sano, Ryuichiro Atarashi, Mari Nakaie, Sakura Yoshida, Masahiro Ono, et al. Feasibility studies of radioiodinated pyridyl benzofuran derivatives as potential SPECT imaging agents for prion deposits in the brain. Nuclear Medicine and Biology. 2020
  • Rania El-Shaheny, Sakura Yoshida, Takeshi Fuchigami. Graphene quantum dots as a nanoprobe for analysis of o- and p-nitrophenols in environmental water adopting conventional fluorometry and smartphone image processing-assisted paper-based analytical device. In-depth study of sensing mechanisms. Microchemical Journal. 2020. 158. 105241-105241
  • Misuzu Kurihara, Kagayaki Kato, Chiaki Sanbo, Shuji Shigenobu, Yasuyuki Ohkawa, Takeshi Fuchigami, Yusuke Miyanari. Genomic Profiling by ALaP-Seq Reveals Transcriptional Regulation by PML Bodies through DNMT3A Exclusion. Molecular cell. 2020. 78. 3. 493-505
もっと見る
MISC (150件):
特許 (4件):
書籍 (4件):
  • PET and SPECT of Neurobiological Systems
    Springer 2020
  • CHAPTER 5 Chemistry and Biochemistry :Selenium species in fish
    Royal Society of Chemistry 2015
  • PET and SPECT of Neurobiological Systems (Text book, Springer Verlag in Heidelberg)
    Springer Verlag in Heidelberg 2014
  • ファルマシア, 43巻
    日本薬学会 2007
講演・口頭発表等 (41件):
  • BSL3 病原体による感染症の病態の特徴を特異的に捉えるためのイメージング剤の開発戦略
    (第60回日本核医学会学術総会 第40回日本核医学技術学会総会学術大会 2020)
  • SFTSウイルス感染症のSPECTによる病態解析を目的とした111In標識抗体の開発
    (第60回日本核医学会学術総会 第40回日本核医学技術学会総会学術大会 2020)
  • Development of radiogallium-labeled cationic amphiphilic peptides for tumor imaging targeting the surface of cell membrane
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • Synthesis and biological evaluation of Borealin-derived peptides targeting survivin for cancer therapy and diagnosis
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • Development of 111In-labeled anti SFTSV antibodies for pathological analysis of SFTS viral infection by SPECT
    (第15回日本分子イメージング学会学術集会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 九州大学 博士後期課程
  • 2001 - 2003 九州大学 博士前期課程
  • 1997 - 2001 九州大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2021/06 - 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 准教授
  • 2014/02 - 2021/05 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 Stanford University School of Medicine Radiology Visiting assistant professor
  • 2009/10 - 2014/02 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 助教
  • 2010/09 - 2010/12 Karolinska Institutet Department of Clinical Neuroscience Visiting scholar
全件表示
委員歴 (4件):
  • - 現在 Nature publishing group Scientific Reports Editorial Board Member
  • - 現在 日本油化学会(Journal of Oleo Science, Editorial Board Member
  • - 現在 日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 運営委員
  • 2018/08 - 2021/05 長崎県公害審査委員 委員
受賞 (4件):
  • 2019/03 - 長崎県 平成30年度長崎県科学技術奨励賞 病態の診断や機構解明のための分子プローブ開発と実用化に向けた応用研究
  • 2018/11 - 日本薬学会 平成30年 日本薬学会九州支部学術奨励賞 癌および感染症の生体イメージングを目的とした分子プローブの開発
  • 2017/10 - 日本核医学会 第14回日本核医学会研究奨励賞 Characterisation of radioiodinated flavonoid derivatives for SPECT imaging of cerebral prion deposits.
  • 2016/03 - 日本薬学会 平成28年度日本薬学会物理系薬学部会奨励賞 難治性脳疾患の非侵襲的病態解析を目的とした分子プローブの開発
所属学会 (7件):
日本ペプチド学会 ,  日本癌学会 ,  Society of Radiopharmaceutical Sciences ,  米国核医学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本核医学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る