研究者
J-GLOBAL ID:201901006872551461   更新日: 2021年09月15日

中野 永

Hisashi Nakano
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (2件): 量子ビーム科学 ,  放射線科学
研究キーワード (4件): 放射線治療 ,  医学物理学 ,  放射線物理学 ,  放射線生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 放射線治療における照射時間を加味した新たな生物学的線量評価システムの開発
論文 (15件):
  • Nakano H, Tanabe S, Sasamoto R, Takizawa T, Utsunomiya S, Sakai M, Nakano T, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H. Radiobiological evaluation considering setup error on single-isocenter irradiation in stereotactic radiosurgery. Journal of Applied Clinical Medical Physics. 2021
  • Nakano H, Kawahara D, Tanabe S, Utsunomiya S, Takizawa T, Sakai M, Nakano T, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H. Calculated relative biological effectiveness (RBE) for initial DNA double-strand breaks (DSB) from flattening filter and flattening filter-free 6 MV X-ray fields. British journal of radiology open. 2021
  • Nakano H, Tanabe S, Yamada T, Utsunomiya S, Takizawa T, Sakai M, Sasamoto R, Sakai H, Nakano T, Saito H, et al. Maximum distance in single-isocenter technique of stereotactic radiosurgery with rotational error using margin-based analysis. Radiological Physics and Technology. 2021
  • Sakai M, Nakano H, Kawahara D, Tanabe S, Takizawa T, Narita A, Yamada T, Sakai H, Ueda M, Sasamoto R, et al. Detecting MLC modeling errors using radiomics-based machine learning in patient-specific QA with an EPID for intensity-modulated radiation therapy. Medical Physics. 2020
  • Kawahara D, Nakano H, Saito A, Ochi Y, Nagata Y. Formulation of objective indices to quantify machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy. Journal of Applied Clinical Medical Physics. 2020
もっと見る
MISC (2件):
  • 中野 永, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 中野 智成, 斎藤 紘丈, 滝澤 健司, 山田 巧, 坂井 裕則, 太田 篤, 阿部 英輔, et al. 多発脳転移に対する単一アイソセンタ照射法における患者セットアップの 並進誤差が線量不確かさに及ぼす影響. 定位放射線治療. 2020
  • 滝澤 健司, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 久島 尚隆, 中野 永, 太田 篤, 斎藤 紘丈, 中野 智成, 阿部 英輔, 海津 元樹, et al. 悪性神経膠腫のVMAT治療計画における2つの線量計算アルゴリズム Analytic Anisotropic AlgorithmとAcuros XBの違いが線量分布へ与える影響. 定位的放射線治療. 2019. 23. 43-54
講演・口頭発表等 (30件):
  • Effect of target positioning error on tumor control probability in stereotactic radiosurgery for metastatic brain tumors using the CyberKnife M6
    (AAPM 63st Annual Meeting and Exhibition, Virtual, USA 2021年7月)
  • Radiobiological Evaluation on Single-Isocenter Technique with Setup Error in Stereotactic Radiosurgery
    (第77回日本放射線技術学会総会学術大会 2021)
  • Evaluation of complexity of VMAT plans using radiomic features of 3-dimensional dose distributions and its correlation to gamma passing rate
    (第121回日本医学物理学会学術大会 2021)
  • Deep learning-based detection and classification of MLC modeling errors in VMAT patient-specific QA
    (第121回日本医学物理学会学術大会 2021)
  • Formulation of objective indices to quantify machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy
    (第34回高精度放射線外部照射部会学術大会)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2021 - 現在 大阪大学大学院
  • 2013 - 2015 大阪大学大学院
  • 2009 - 2013 北海道大学
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 新潟大学医歯学総合病院 放射線治療科 特任助教
  • 2018/09 - 現在 新潟大学 医学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 新潟大学医歯学総合病院 放射線治療科
  • 2015/04 - 2018/03 広島平和クリニック 高精度がん放射線治療センター 放射線治療科
委員歴 (1件):
  • 2020/04 - 2021/03 医学物理士認定機構 教育委員会 委員
受賞 (3件):
  • 2020/05 - 日本放射線技術学会 第76回日本放射線技術学会総会学術大会 優秀研究賞
  • 2018/07 - 第27回日本定位放射線治療学会 優秀演題賞 悪性神経膠腫のVMAT治療計画における2つの線量計算アルゴリズム: Analytic Anisotropic AlgorithmとAcuros XBの違いが線量分布へ与える影響
  • 2017/10 - 日本放射線技術学会 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 優秀研究賞
所属学会 (3件):
日本医学物理学会 ,  日本放射線技術学会 ,  日本医学物理士会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る