研究者
J-GLOBAL ID:201901007014032720   更新日: 2024年04月01日

間 久直

ハザマ ヒサナオ | Hazama Hisanao
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 分析化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  生体医工学 ,  医用システム ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (8件): 質量分析イメージング ,  レーザーイオン化質量分析 ,  光学式歯質硬度測定 ,  光線力学診断・治療 ,  健康寿命 ,  オプトバイオメカニクス ,  生体組織光学 ,  レーザー
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2024 薬剤と細胞の相互作用解析に向けたシングルセル質量分析イメージング技術の開発
  • 2020 - 2023 有機溶存物質のエアロミセル化・水マトリックス支援ソフトイオン化による直接質量分析
  • 2020 - 2023 レーザーESD標準化に向けた消化器癌の超早期検出とその場適応診断法の確立
  • 2019 - 2021 光治療におけるコンピュテーショナル臨床試験基盤の創出
  • 2016 - 2019 膜タンパク質の高速な質量分析のための赤外線レーザーイオン化技術の開発
全件表示
論文 (139件):
  • Sochi J. Ogbonna, William Y. York, Takahiro Nishimura, Hisanao Hazama, Hideo Fukuhara, Keiji Inoue, Kunio Awazu. Increased fluorescence observation intensity during the photodynamic diagnosis of deeply located tumors by fluorescence photoswitching of protoporphyrin IX. Journal of Biomedical Optics. 2023. 28. 5. 1-15
  • Sota Kondo, Hisanao Hazama, Yutaka Tomioka, Atsushi Mine, Satoshi Yamaguchi, Saeko Okumura, Hiroaki Tanimoto, Kenzo Yasuo, Kazushi Yoshikawa, Kazuyo Yamamoto, et al. Demonstration of an optical dentin hardness measuring device using bovine dentin with different demineralization times. Journal of Biomedical Optics. 2022. 27. 10. 105004-1-105004-13
  • Aya Kasakawa, Shinichi Sekine, Kenji Tanaka, Jumpei Murakami, Sota Kondo, Hisanao Hazama, Kunio Awazu, Shigehisa Akiyama. Effect of Q-switched Er:YAG laser irradiation on bonding performance to dentin surface. Dental Materials Journal. 2022. 41. 4. 616-623
  • Hiroki Kannen, Yuto Miyoshi, Hisanao Hazama, Kunio Awazu. Improvement in Ionization Efficiency Using Metal Oxide Nanoparticles in Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry of a Cancer Drug. Mass Spectrometry. 2021. 10. 1. A0099-1-A0099-5
  • Sochi Judith Ogbonna, Hisanao Hazama, Kunio Awazu. Mass Spectrometric Analysis of the Photobleaching of Protoporphyrin IX Used in Photodynamic Diagnosis and Therapy of Cancer. Photochemistry and Photobiology. 2021. 97. 5. 1089-1096
もっと見る
MISC (120件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Computational evaluation of the effect of interstitial PDT with 5-ALA for pretreatment planning (Conference Presentation)
    (17th International Photodynamic Association World Congress 2019)
  • Evaluation of a novel photosensitizing drug having antitumor effect for advanced prostate cancer
    (Optics InfoBase Conference Papers 2017)
  • Hemagglutinating virus of Japan envelope (HVJ-E) allows targeted and efficient delivery of photosensitizer for photodynamic therapy against advanced prostate cancer
    (Optical Molecular Probes, Imaging and Drug Delivery, OMP 2015 2015)
  • Optical properties of tumor tissues grown on the chorioallantoic membrane of chicken eggs measured with a double integrating sphere and inverse monte carlo method
    (Optics InfoBase Conference Papers 2013)
  • Development of selective laser treatment techniques using mid-infrared tunable nanosecond pulsed laser
    (2010 Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC'10 2010)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 東京理科大学 大学院理工学研究科 電気工学専攻 博士後期課程
  • 1996 - 1998 東京理科大学 大学院理工学研究科 電気工学専攻 修士課程
  • 1992 - 1996 静岡大学 工学部 光電機械工学科
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 大阪大学 大学院工学研究科 環境エネルギー工学専攻 准教授
  • 2015/04 - 2020/03 大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 講師
  • 2009/06 - 2014/03 大阪大学 大学院工学研究科 附属高度人材育成センター 助教
  • 2006/06 - 2009/05 大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 特任研究員
全件表示
所属学会 (10件):
日本歯科用レーザー・ライト学会 ,  日本レーザー治療学会 ,  日本光線力学学会 ,  日本レーザー医学会 ,  American Society for Mass Spectrometry ,  日本レーザー歯学会 ,  日本質量分析学会 ,  レーザー学会 ,  電気学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る