研究者
J-GLOBAL ID:201901007125027199   更新日: 2024年06月24日

加藤 博也

Kato Hironari
研究分野 (1件): 消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2025 膵オルガノイドモデル構築による高精度膵癌診断と治療法の開発
  • 2021 - 2024 正常・腫瘍オルガノイドモデルを活用した胆道癌の高精度早期診断法の開発
  • 2019 - 2022 プロテオーム解析に基づくエクソソームを用いたIPMN良悪性診断法の開発
  • 2015 - 2018 消化器癌における新規癌関連遺伝子REICの機能解析と臨床応用に関する研究
  • 2012 - 2015 消化器癌における新規癌関連遺伝子REICの機能解析と臨床応用に関する研究
論文 (281件):
  • Ryosuke Sato, Kazuyuki Matsumoto, Hideaki Kinugasa, Masahiro Tomiya, Takayoshi Tanimoto, Akimitsu Ohto, Kei Harada, Nao Hattori, Taisuke Obata, Akihiro Matsumi, et al. Virtual indigo carmine chromoendoscopy images: A novel modality for peroral cholangioscopy using artificial intelligence technology (with video). Gastrointestinal endoscopy. 2024
  • Kazuyuki Matsumoto, Hironari Kato, Koichiro Tsutsumi, Motoyuki Otsuka. Current status of endoscopic ultrasound-guided antitumor treatment for pancreatic cancer. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2024
  • Kazuyuki Matsumoto, Hironari Kato, Akihiro Matsumi, Kazuya Miyamoto, Kosaku Morimoto, Yuki Fujii, Ryosuke Sato, Nao Hattori, Taisuke Obata, Hiroyuki Terasawa, et al. Detection of residual stones by peroral direct cholangioscopy in patients with intrahepatic stones after hepaticojejunostomy: A prospective study (with video). Gastrointestinal endoscopy. 2024
  • Takashi Oda, Koichiro Tsutsumi, Taisuke Obata, Eijiro Ueta, Tatsuya Kikuchi, Soichiro Ako, Yuki Fujii, Tatsuhiro Yamazaki, Daisuke Uchida, Kazuyuki Matsumoto, et al. MicroRNA-34a-5p: A pivotal therapeutic target in gallbladder cancer. Molecular therapy. Oncology. 2024. 32. 1. 200765-200765
  • Taisuke Obata, Koichiro Tsutsumi, Eijiro Ueta, Takashi Oda, Tatsuya Kikuchi, Soichiro Ako, Yuki Fujii, Tatsuhiro Yamazaki, Daisuke Uchida, Kazuyuki Matsumoto, et al. MicroRNA-451a inhibits gemcitabine-refractory biliary tract cancer progression by suppressing the MIF-mediated PI3K/AKT pathway. Molecular therapy. Nucleic acids. 2023. 34. 102054-102054
もっと見る
MISC (230件):
  • 井上博文, 松岡博美, 實平悦子, 松岡昌志, 安村早優美, 田中健大, 寺澤裕之, 松本和幸, 加藤博也, 平沢晃. EUS-FNA検体のゲノム医療における有用性と限界. 日本臨床細胞学会雑誌(Web). 2023. 62
  • 松本和幸, 高木章乃夫, 大原利章, 藤澤真義, 高原政宏, 加藤博也, 吉田龍一, 楳田祐三, 八木孝仁, 松川昭博. 生検検体を用いた胆道癌におけるPD-L1発現の検討. 日本消化器病学会雑誌(Web). 2022. 119
  • 小川 泰司, 加藤 博也, 森本 光作, 上田 英次郎, 松三 明宏, 姫井 人美, 寺澤 裕之, 藤井 祐樹, 山崎 辰洋, 松本 和幸, et al. 肝門部領域胆管内腫瘍の一例. 日本消化器病学会中国支部例会・日本消化器内視鏡学会中国支部例会プログラム・抄録集. 2021. 116回・127回. 88-88
  • 姫井 人美, 堀口 繁, 上田 英次郎, 松三 明宏, 森本 光作, 小川 泰司, 寺澤 裕之, 藤井 佑樹, 山崎 辰洋, 松本 和幸, et al. 多彩な転移病巣に対して集学的治療を行い長期生存が得られた直腸神経内分泌腫瘍の1例. 日本消化器病学会中国支部例会・日本消化器内視鏡学会中国支部例会プログラム・抄録集. 2021. 116回・127回. 102-102
  • 松三 明宏, 松本 和幸, 小幡 泰介, 織田 崇志, 上田 英次郎, 姫井 人美, 森本 光作, 小川 泰司, 寺澤 裕之, 藤井 佑樹, et al. 抜去困難であった胆道金属ステントによるcomplex biliary stonesの1例. 日本消化器病学会中国支部例会・日本消化器内視鏡学会中国支部例会プログラム・抄録集. 2021. 116回・127回. 123-123
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る