研究者
J-GLOBAL ID:201901007524647184   更新日: 2022年05月19日

安酸 香織

ヤスカタ カオリ | YASUKATA Kaori
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (6件): 近世ヨーロッパ政治秩序 ,  ライン上流域 ,  アルザス地域史 ,  空間編成 ,  神聖ローマ帝国とフランス王国 ,  対外関係史
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2022 - 2027 近世における上ライン空間秩序の解明-アルザス史とオーバーライン史の分断を越えて
  • 2015 - 2018 1648年ウェストファリア条約におけるアルザス諸条項の交渉過程と歴史的影響
論文 (4件):
  • 安酸香織. 近世アルザスにおける紛争と秩序-シュトラースブルク司教領をめぐる訴訟(1682-1719)を事例に. 史学雑誌. 2020. 129. 11. 1-33
  • 安酸 香織. 1723年ウィーン宮廷におけるシュトラースブルク司教の授封. フランキア. 2018. (45). 163-176
  • 安酸 香織. ウェストファリア講和会議(1643-48)におけるエルザス譲渡問題 : ミュンスターの交渉と条文の考察から. 北大史学 = The journal of Historical Association of Hokkaido University. 2016. 56. 1-25
  • 安酸 香織. 近世エルザスにおける帝国等族とフランス王権 : 十帝国都市をめぐる紛争と調停の事例から(1648-79). 西洋史研究. 2016. 45. 25-47
MISC (1件):
  • 安酸香織. 紹介 Christian Ohler, Zwischen Frankreich und dem Reich : Die elsässische Dekapolis nach dem Westfälischen Frieden, Frankfurt am Main 2002, 377S. 西洋史研究. 2014. 43. 188-197
講演・口頭発表等 (3件):
  • アルザスとオーバーラインの関係についての多角的考察
    (フランス史研究会 2021)
  • 18世紀ウィーンとヴェルサイユ両宮廷におけるシュトラースブルク司教
    (北大史学会大会 2019)
  • 近世ドイツ帝国とフランス王国におけるシュトラースブルク司教領をめぐる係争
    (日本西洋史学会第68回大会 2018)
学歴 (2件):
  • 2013 - 2019 北海道大学大学院 西洋史学
  • 2009 - 2013 北海道大学 西洋史学
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 日本大学 国際関係学部 助教
  • 2019/04 - 現在 立正大学 非常勤講師
  • 2018/09 - 現在 公立はこだて未来大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 北海道大学 大学院文学研究院 専門研究員
  • 2018/04 - 2019/03 北海道大学大学院 文学研究科 RA
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/09 - 2019/07 北大史学会 運営委員
  • 2015/07 - 2016/12 北大史学会 運営委員
所属学会 (4件):
日仏歴史学会 ,  北大史学会 ,  西洋史研究会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る