研究者
J-GLOBAL ID:201901007551072142   更新日: 2020年03月29日

中山 まどか

Nakayama Madoka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 生物物理学 ,  発生生物学 ,  応用数学、統計数学 ,  数学基礎
研究キーワード (3件): 細菌学 ,  数理生物学 ,  応用数学
論文 (8件):
  • 田﨑 創平, 中山 まどか, 東海林 亙. Morphological changes and their advantages in Bacillus subtilis colonies responding to environmental pH variation. 数理解析研究所講究録. 2018. 2087. 24-30
  • Sohei Tasaki, Madoka Nakayama, Wataru Shoji. Morphologies of Bacillus subtilis communities responding to environmental variation. DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION. 2017. 59. 5. 369-378
  • Sohei Tasaki, Madoka Nakayama, Wataru Shoji. Self-organization of bacterial communities against environmental pH variation: Controlled chemotactic motility arranges cell population structures in biofilms. PLOS ONE. 2017. 12. 3. e0173195
  • 中山 まどか, 田﨑 創平, 東海林 亙. Environmental pH dependence of dense branching morphology-like colonies of Bacillus subtilis. 数理解析研究所講究録. 2016. 1994. 22-27
  • Marciniak-Czochra A, Nakayama M, Takagi I. Pattern formation in a diffusion-ODE model with hysteresis. Differential Integral Equations. 2015. 28. 7/8. 655-694
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 枯草菌の細胞タイプ制御の数理モデルとヒステリシスの条件
    (2019日本数学会年会 2019)
  • 環境変動に対する枯草菌の集団形態とそのマルチスケールモデリング
    (日本発生生物学会秋季シンポジウム2018 2018)
  • バクテリアの微細な環境の変化に応じた生存戦略について
    (第12回生物数学の理論とその応用-遷移過程に現れるパターンの解明に向けて第 2015)
  • 生物の戦略的自己組織化とその予測
    (生物現象におけるパターン形成と数理 2015)
  • 枯草菌が生成するパターンの環境依存性とその予測
    (第7回福島応用数学研究集会 2015)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 仙台高等専門学校 総合工学科 准教授
  • 2013/04 - 2018/03 仙台高等専門学校 総合科学系理数科 助教
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る