研究者
J-GLOBAL ID:201901007826407964   更新日: 2024年06月06日

樋口 貴史

ヒグチ タカシ | Higuchi Takashi
所属機関・部署:
職名: 部長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 金沢大学医薬保健学域医薬保健学総合研究科  整形外科学   協力研究員
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (4件): 肉腫 ,  腫瘍学 ,  整形外科 ,  骨軟部腫瘍
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2022 マルチキナーゼ阻害薬による新規骨肉腫治療の開発
  • 2021 - 2022 骨肉腫患者の化学療法耐性に影響する因子の解析研究
  • 2021 - 2022 骨肉腫に対するマルチキナーゼ阻害薬の効果解析
  • 2019 - 2019 肉腫の転移浸潤メカニズムの解明と新規治療の開発
  • 2017 - 2018 大学院研究交流枠(派遣)
全件表示
論文 (141件):
  • Sei Morinaga, Qinghong Han, Yutaro Kubota, Kohei Mizuta, Byung Mo Kang, Motokazu Sato, Michael Bouvet, Norio Yamamoto, Katsuhiro Hayashi, Hiroaki Kimura, et al. DNA-Binding Agent Trabectedin Combined With Recombinant Methioninase Is Synergistic to Decrease Fibrosarcoma Cell Viability and Induce Nuclear Fragmentation But Not Synergistic on Normal Fibroblasts. Anticancer research. 2024. 44. 6. 2359-2367
  • Takashi Higuchi, Atsushi Taninaka, Rikuto Yoshimizu, Katsuhiro Hayashi, Shinji Miwa, Norio Yamamoto, Hiroyuki Tsuchiya, Satoru Demura. Intraoperative Fracture during the Insertion of Advanced Locking Screws (T2 Alpha Femur Retrograde Intramedullary Nailing System): Report of Two Cases and Identifying Causes and Prevention. Journal of clinical medicine. 2024. 13. 8
  • SEI MORINAGA, QINGHONG HAN, YUTARO KUBOTA, KOHEI MIZUTA, BYUNG MO KANG, MOTOKAZU SATO, MICHAEL BOUVET, NORIO YAMAMOTO, KATSUHIRO HAYASHI, HIROAKI KIMURA, et al. Extensive Synergy Between Recombinant Methioninase and Eribulin Against Fibrosarcoma Cells But Not Normal Fibroblasts. Anticancer Research. 2024. 44. 3. 921-928
  • TAKASHI HIGUCHI, NORIO YAMAMOTO, KATSUHIRO HAYASHI, SHINJI MIWA, KENTARO IGARASHI, HIROYUKI TSUCHIYA, ROBERT M. HOFFMAN. High Clinical Concordance of Drug Resistance in Patient-derived Orthotopic Xenograft (PDOX) Mouse Models: First Step to Validated Precise Individualized Cancer Chemotherapy. Anticancer Research. 2023. 43. 10. 4277-4284
  • Yohei Asano, Norio Yamamoto, Satoru Demura, Katsuhiro Hayashi, Akihiko Takeuchi, Satoshi Kato, Shinji Miwa, Kentaro Igarashi, Takashi Higuchi, Yuta Taniguchi, et al. Novel predictors of immune checkpoint inhibitor response and prognosis in advanced non-small-cell lung cancer with bone metastasis. Cancer medicine. 2023. 12. 11. 12425-12437
もっと見る
MISC (188件):
  • 五十嵐 健太郎, 山本 憲男, 樋口 貴史, ロバート・ホフマン, 土屋 弘行. 【軟部肉腫の治療update】マウスモデルを用いた軟部肉腫に対する新規治療薬開発. 整形・災害外科. 2022. 65. 3. 311-319
  • 荒木 麗博, 山本 憲男, 林 克洋, 武内 章彦, 三輪 真嗣, 五十嵐 健太郎, 樋口 貴史, 米澤 宏隆, 森永 整, 淺野 陽平, et al. 悪性骨腫瘍切除後の再建に使用した液体窒素処理自家骨の骨シンチによるviability評価. 日本整形外科学会雑誌. 2022. 96. 2. S293-S293
  • 荒木 麗博, 山本 憲男, 前田 亨, 木村 浩明, 樋口 貴史, 土屋 弘行. 2-5cmサイズの軟部腫瘍への対応の検討. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2021. 59回. O82-1
  • 荒木 麗博, 山本 憲男, 林 克洋, 武内 章彦, 三輪 真嗣, 五十嵐 健太郎, 樋口 貴史, 米澤 宏隆, 森永 整, 淺野 陽平, et al. 75歳以上の原発性骨肉腫8例について. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 6. S1428-S1428
  • 荒木 麗博, 山本 憲男, 林 克洋, 武内 章彦, 三輪 真嗣, 五十嵐 健太郎, 樋口 貴史, 米澤 宏隆, 森永 整, 淺野 陽平, et al. 骨肉腫の生検組織内の破骨細胞数による術前補助化学療法の有効性の予測. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 3. S891-S891
もっと見る
講演・口頭発表等 (84件):
  • ビギナーのUKA:Fixed or Mobile
    (第21回北陸TKA勉強会 2024)
  • 単純性骨嚢腫に対する低侵襲手術
    (第97回日本整形外科学会学術総会 2024)
  • Advanced locking screw 挿入時に骨折を生じたと考えられる大腿骨顆上骨折の2例:原因と対策についての考察
    (第142回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 2024)
  • 骨肉腫における患者由来組織同所移植モデルを用いた解析:新しい治療薬を目指して
    (第38回日本整形外科学会基礎学術集会 2023)
  • 新しい治療薬を開発するための骨肉腫における患者由来同所移植モデルを用いた解析
    (第56回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2018 金沢大学 大学院医薬保健学総合研究科 整形外科学
  • - 2009 金沢大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (金沢大学大学院医薬保健学総合研究科)
経歴 (9件):
  • 2022/04 - 現在 金沢赤十字病院 整形外科 部長
  • 2020/04 - 2022/03 金沢赤十字病院 整形外科 副部長
  • 2020/01 - 2020/03 金沢大学附属病院 整形外科 医員
  • 2017/11 - 2019/12 カリフォルニア大学サンディエゴ校 外科学 客員研究員
  • 2013/10 - 2017/10 金沢大学付属病院 整形外科 医員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2021/06 - 金沢大学十全医学会 第1回十全医学奨励賞 肉腫の転移浸潤メカニズムの解明と新規治療の開発
  • 2018/10 - 39th Société Internationale de Chirurgie Orthopédique et de Traumatologie(SICOT)Orthopaedic World Congress The Lester Lowe SICOT Award
  • 2018/09 - 金沢大学 学長賞 軟骨肉腫に対する非ステロイド性抗炎症薬ザルトプロフェンによるペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体γとマトリックスメタロプロテアーゼ-2を介した抗腫瘍効果の解析
  • 2017/10 - 第129回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 学会奨励賞 ZaltoprofenはPPARγを介して軟骨肉腫の増殖を抑制する Non-steroidal anti-inflammatory drug zaltoprofen represses chondrosarcoma growth via PPARγ induction
所属学会 (5件):
国際患肢温存学会 ,  国際整形災害外科学会 ,  日本癌治療学会 ,  中部日本整形外科災害外科学会 ,  日本整形外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る