研究者
J-GLOBAL ID:201901007994768883   更新日: 2020年06月09日

中出 祐介

Yusuke Nakade
所属機関・部署:
研究分野 (3件): その他 ,  腎臓内科学 ,  内科学一般
研究キーワード (5件): 臨床検査 ,  細菌叢 ,  腎臓病 ,  バイオマーカー ,  キラルアミノ酸
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 腎疾患におけるアミノ酸キラリティを標的とした分子病態の解明研究
  • 2017 - 2021 唾液ならびに口腔内細菌叢解析に基づく腎臓病の病態評価とバイオマーカー開発
  • 2015 - 2017 腸管免疫を介した腎・腸連関機序の解明
論文 (5件):
  • Oe H, Nakade Y, Nakata M, Nanbu Y, Nagahara M, Mori M. [Functional Residual Capacity Measurement Based on Lung Structure Model Analysis Using the Helium Gas Dilution Technique]. Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology. 2016. 64. 10. 1115-1121
  • Nakade Y, Wada T. [The Kidney and Comprehensive Medicine in Humans.]. Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology. 2016. 64. 4. 387-391
  • Nakade Y, Takamura T, Sakurai M, Misu H, Nagata M, Nanbu Y, Oe H, Takamura T, Sakai Y, Kaneko S, Wada T. Association between coefficients of variation of the R-R intervals on electrocardiograms and post-challenge hyperglycemia in patients with newly diagnosed type 2 diabetes. Journal of diabetes investigation. 2011. 2. 4. 324-327
  • Ishiguro T, Yasui M, Nakade Y, Kimura H, Katayama N, Kasahara K, Fujimura M. Extrinsic Allergic Alveolitis with Eosinophil Infiltration Induced by. Internal Medicine. 2007. 46. 17. 1455-1457
  • Takagi A, YamadaT, Hayashi K, Nakade Y, Kojima T, Takamatsu J, Shibata E, Ichihara G, Takeuchi Y, Murate T. Involvement of Caspase 3 Mediated Apoptosis in Hematopoietic Cytotoxicity of Metabolites of Ethylene Glycol Monomethyl Ether. Industrial Health. 2002. 371-374
MISC (11件):
  • 中出 祐介. D-セリンを介した腎腸連関機序の解明. 十全医学会雑誌. 2019. 128. 2. 38-41
  • 和田隆志, 中出祐介. 腎障害時に腸内細菌が作るD-セリンが腎臓を守る!. 日経メディカル. 2019
  • 中出 祐介, 岩田 恭宜, 和田 隆志. 【D-アミノ酸生物学の展開】D-セリンと腎臓病. 生化学. 2019. 91. 3. 349-353
  • 中出 祐介, 岩田 恭宜, 和田 隆志. 腸内細菌由来D-セリンによる腎保護作用. バイオサイエンスとインダストリー. 2019. 77. 3. 242-243
  • 和田隆志, 中出祐介. 腸内細菌が産生するD-アミノ酸に新たな腎保護効果. 科学新聞. 2018
もっと見る
特許 (7件):
  • クリティカル期の腎障害を反映するためのマーカー
  • クリティカル期の腎障害を反映するためのマーカー
  • 腎障害の予防又は治療用の医薬組成物
  • 腎障害の予防又は治療用の医薬組成物
  • 腎臓病の病態バイオマーカー(唾液中D-アミノ酸)
もっと見る
書籍 (1件):
  • 覚醒下手術ことはじめ
    中外医学者 2019
講演・口頭発表等 (20件):
  • Elucidation of the mechanism of kidney-gut crosstalk via the D-serine derived from gut microbiota
    (American Society of Nephrology KIDNEY WEEK 2019 2019)
  • MECHANISM OF KIDNEY-GUT CROSSTALK VIA D-AMINO ACIDS DERIVED FROM MICROBIOTA
    (4th International Conference of D-Amino Acid Research 2019)
  • 腸内細菌由来D-セリンを介した腎腸連関機序の解明
    (第62回日本腎臓学会学術総会 2019)
  • Elucidation of the mechanism of kidney-gut crosstalk via the D-amino acid derived
    (The 8th Chronic Kidney Disease Frontier meeting 2019)
  • 腎臓病の新規マーカー開発と課題 キラルアミノ酸の可能性
    (第61回日本腎臓学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2019 金沢大学大学院 医学系研究科 循環医科学専攻 血液情報統御学
  • 2002 - 2004 名古屋大学大学院 医学系研究科 病因病態解析学
  • - 2004 名古屋大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻
学位 (1件):
  • 医学博士 (金沢大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 金沢大学医薬保健学域 臨床講師
  • 2017/04 - 現在 金沢大学附属病院 副臨床検査技師長
  • 2016/04 - 2017/03 金沢大学附属病院 主任臨床検査技師
  • 2012/04 - 2014/03 European University Viadrina part-time lecture
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 石川県臨床検査技師会 生理機能検査研究班班長
  • 2018/04 - 現在 日本臨床検査技師会 精度管理調査WG
  • 2017/01 - 2018/03 International Society of Nephrology Frontiers meeting 2018 Abstract Reviewer
受賞 (12件):
  • 2019/09 - D-アミノ酸学会 奨励賞
  • 2019/07 - 金沢大学 高安賞 最優秀論文賞
  • 2019/02 - The 8th Chronic Kidney Disease Frontier meeting CKD Frontier Award
  • 2018/09 - 第9回分子腎臓フォーラム 優秀賞
  • 2017/05 - 第6回ライフサイエンス研究交流セミナー 最優秀ポスター賞
全件表示
所属学会 (5件):
金沢大学十全医学会 ,  D-アミノ酸学会 ,  日本腎臓病学会 ,  日本医学検査学会 ,  日本臨床検査技師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る