研究者
J-GLOBAL ID:201901008122531399   更新日: 2019年08月15日

竹田 浩章

Hiroaki Takeda
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 分析化学 ,  生物機能・バイオプロセス
研究キーワード (5件): リピドミクス ,  超臨界流体クロマトグラフィー ,  質量分析 ,  リポタンパク質 ,  動脈硬化
論文 (10件):
  • Takeda H, Takahashi M, Hara T, Izumi Y, Bamba T. Improved quantitation of lipid classes using supercritical fluid chromatography with a charged aerosol detector. Journal of lipid research. 2019. 60. 8. 1465-1474
  • Shiomi M, Takeda H, Irino Y, Kimura N, Yamada S, Kuniyoshi N, Kikumori A, Koike Y, Koike T, Yoshida M, Izumi Y, Shinohara M, Bamba T, Ishida T. Identification of novel serum markers for the progression of coronary atherosclerosis in WHHLMI rabbits, an animal model of familial hypercholesterolemia. Atherosclerosis. 2019. 284. 18-23
  • Takeda H, Izumi Y, Takahashi M, Paxton T, Tamura S, Koike T, Yu Y, Kato N, Nagase K, Shiomi M, Bamba T. Widely-targeted quantitative lipidomics method by supercritical fluid chromatography triple quadrupole mass spectrometry. Journal of lipid research. 2018. 59. 7. 1283-1293
  • Kobori M, Takahashi Y, Takeda H, Takahashi M, Izumi Y, Akimoto Y, Sakurai M, Oike H, Nakagawa T, Itoh M, Bamba T, Kimura T. Dietary Intake of Curcumin Improves eIF2 Signaling and Reduces Lipid Levels in the White Adipose Tissue of Obese Mice. Scientific reports. 2018. 8. 1. 9081
  • Obata Y, Kita S, Koyama Y, Fukuda S, Takeda H, Takahashi M, Fujishima Y, Nagao H, Masuda S, Tanaka Y, Nakamura Y, Nishizawa H, Funahashi T, Ranscht B, Izumi Y, Bamba T, Fukusaki E, Hanayama R, Shimada S, Maeda N, Shimomura I. Adiponectin/T-cadherin system enhances exosome biogenesis and decreases cellular ceramides by exosomal release. JCI insight. 2018. 3. 8
もっと見る
MISC (10件):
  • 小倉正恒, 竹田浩章, 和泉自泰, 馬場健史, 斯波真理子. HDL機能低下と心筋梗塞発症に関与する脂質分子の探索. 脂質生化学研究. 2019. 61. 215-217
  • 高橋政友, 竹田浩章, 和泉自泰, 馬場健史. 超臨界流体クロマトグラフィー三連四重極型質量分析によるワイドターゲット定量リピドーム分析法の開発. 質量分析総合討論会講演要旨集. 2019. 67th. 125
  • 塩見雅志, 塩見雅志, 竹田浩章, 入野康宏, ユウ イン, 小池智也, 和泉自泰, 篠原正和, 石田達郎. WHHLMIウサギにおける冠動脈病変の発生・進行に関わる血漿マーカーの同定. 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web). 2018. 50th. 267 (WEB ONLY)
  • 塩見雅春, 塩見雅志, 竹田浩章, 入野康宏, ユウ イン, 小池智也, 和泉自泰, 篠原正和, 馬場健史, 石田達郎. WHHLMIウサギにおける冠動脈病変の発生・進行に関わる血漿マーカー. 日本実験動物学会総会講演要旨集. 2018. 65th. 164
  • 竹田浩章. 66th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics参加報告. Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan. 2018. 66. 6. 226-229
もっと見る
書籍 (1件):
  • ヘルスケアを支えるバイオ計測 (第3章 データの活用,2. 超臨界流体抽出分離技術を用いた代謝プロファイリング)
    シーエムシー出版 2016
学歴 (5件):
  • 2006 - 2009 洛南高等学校附属中学校
  • 2006 - 2009 洛南高等学校
  • 2009 - 2013 大阪大学 工学部 応用自然科学科 応用生物工学コース
  • 2013 - 2015 大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻 生物工学コース
  • 2015 - 2018 九州大学大学院 システム生命科学府 システム生命科学専攻 生命医科学講座
学位 (2件):
  • 修士(工学) (大阪大学)
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 2019/04 九州大学 生体防御医学研究所 学術研究員
  • 2019/05 - 現在 理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
受賞 (3件):
  • 2018/03 - 九州大学 平成29年度 九州大学学生表彰
  • 2018/05 - 日本質量分析学会 2018年度 日本質量分析学会トラベルアワード
  • 2018/07 - 日本ウサギバイオサイエンス研究会 第5回日本ウサギバイオサイエンス研究会学術集会・WHHLMIウサギ研究発表会 優秀発表賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る