研究者
J-GLOBAL ID:201901008310333260   更新日: 2021年10月24日

白澤 紘明

シラサワ ヒロアキ | Hiroaki Shirasawa
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): 森林科学
研究キーワード (6件): ライフサイクルコスト ,  作業システム ,  GIS ,  持続可能性 ,  森林管理 ,  路網計画
論文 (8件):
  • Yusuke Matsuoka, Hiroaki Shirasawa, Uichi Hayashi, Kazuhiro Aruga. Annual Availability of Forest Biomass Resources for Woody Biomass Power Generation Plants from Subcompartments and Aggregated Forests in Tohoku Region of Japan. Forests. 2021. 12. 1. 71-71
  • 有賀 一広, 池田 勇太, 石栗 太, BATTUVSHIN Biligt, 白澤 紘明, CHULTEM Ganbaatar. P-3-11 モンゴルにおける木質バイオマス熱利用のための枯死木未利用材の利用可能量推計. 日本エネルギー学会大会講演要旨集. 2021. 30. 202-203
  • 有賀 一広, 松岡 佑典, 林 宇一, 白澤 紘明. P-03 東北地域における森林の団地化を考慮した未利用木材利用可能量推計. バイオマス科学会議発表論文集. 2021. 16. 0. 67-68
  • Biligt Battuvshin, Yamamoto Takahisa, Aruga Kazuhiro, Shirasawa Hiroaki. Estimating availability of unused woody materials for energy in Northern Kanto region. 日本森林学会大会発表データベース. 2019. 130. 0. 407-407
  • Takahisa Yamamoto, Kazuhiro Aruga, Hiroaki Shirasawa. Availability for small-scale woody biomass power generation from the view of forest resources in Tochigi Prefecture, Japan. International Journal of Forest Engineering. 2018. 30. 3. 210-217
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • The effects of compaction on operation road construction cost and maintenance cost
    (FORMATH OKINAWA 2019 2019)
  • Estimating availability of unused woody materials for energy in Northern Kanto region
    (第130回日本森林学会大会 2019)
  • 森林内路網の災害時代替路機能の評価
    (第130回日本森林学会大会 2019)
  • 地理情報を用いた原木供給コストならびに供給量の推計
    (第130回日本森林学会大会 2019)
  • 造材歩留まりを考慮した木質資源利用可能量の検討
    (第14回バイオマス科学会議 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
所属学会 (2件):
日本森林学会 ,  森林利用学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る