研究者
J-GLOBAL ID:201901008533205212   更新日: 2019年11月04日

松山 直輝

Naoki Matsuyama
所属機関・部署:
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (8件): 質的研究 ,  解釈学的現象学 ,  現象学 ,  現象学的心理学 ,  コーチング ,  バスケットボール ,  陸上競技 ,  走高跳
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2016 Integrating Athletes’ Individual Analysis Viewpoints into Performance Analysis using a Phenomenological and Idiographic Approach. Japan Journal of Coaching Studies
論文 (6件):
  • Naoki Matsuyama. Researching Elite Athletes' Pure Experience and Consciousness. International Journal of Sport and Health Science. 2018
  • Naoki Matsuyama. Proposal Regarding the Elite-Coaching Framework Based on Philosophical Discussion by Husserl's Phenomenology: Highlighting the Role of Coaches and Researchers. 早稲田大学スポーツ科学学術院. 2017
  • Matsuyama Naoki, Tsuchiya Jun. Sympathy of Movement: Expanding Coaching Abilities through Phenomenological Discussion. International Journal of Sport and Health Science. 2017. 15. 0. 6-13
  • Naoki Matsuyama. Analysis of Perceptual Phenomenon on Movement Observation: Interpretation of Morphological Viewpoint as "Doppelter Gestaltkreis". Sport Mont. 2015. XIII. 43-44-45. 17-21
  • 松山 直輝. 陸上競技・跳躍種目の踏切局面におけるモナド構造の抽出と運動技術「積極的着地動作」に関する一考察 〜踏切局面の志向関係と価値感覚による構造分析に焦点をあてて〜. 東京学芸大学大学院. 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Analysis of Perceptual Phenomenon on Movement Observation: Interpretation of Mechanical Viewpoint as "Die Achterbahn Der Gestalt" International Association for the Philosophy of Sport 43rd Annual Conference
    (International Association for the Philosophy of Sport 43rd Annual Conference 2015)
  • 現象学とスポーツ
    (早稲田大学現象学研究会 2015)
  • Analysis of Perceptual Phenomenon on Movement Observation: Interpretation of Morphological Viewpoint as "Doppelter Gestalt"
    (12th International Scientific Conference on TRANCEFORMATION PROCESSES IN SPORT “SPORT PERFORMANCE” 2015)
  • What is Sympathy of Movement? : Phenomenological Discussion about phenomenon and abilities
    (International Association for the Philosophy of Sport 44rd Annual Conference 2016)
  • シーホース三河新たな挑戦! バスケットボールアカデミー開校!
    (CSTVキャッチネットワーク クローズアップマイタウン 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2011 東京学芸大学 教育学部 芸術文化スポーツ課程 生涯スポーツ学科
  • 2011 - 2013 東京学芸大学大学院 教育学研究科 保健体育専攻
  • 2016 - 2016 Loughborough University Sport and Exercise Science Visiting Research Student
  • 2014 - 2017 早稲田大学スポーツ科学学術院 スポーツ科学研究科 コーチング学
経歴 (3件):
  • 2013/11 - 2014/03 東京都東大和市第三中学校 非常勤講師
  • 2017/04 - 2019/02 シーホース三河株式会社 プロジェクトマネージャー、U15フィジカルコーチ・トレーナー、研究者
  • 2019/09 - 現在 広島県立庄原特別支援学校 教諭
所属学会 (2件):
日本コーチング学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る