研究者
J-GLOBAL ID:201901008657802707   更新日: 2021年10月26日

橋本 功

Hashimoto Ko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 実験病理学 ,  整形外科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 ジャポニカアレイを用いた股関節形成不全の疾患感受性遺伝子の探索
  • 2020 - 2023 新規ミトコンドリア代謝改善薬による変形性関節症の発症・進展防止効果に関する研究
  • 2017 - 2020 日本人ゲノム解析ツールによる股関節形成不全の疾患感受性遺伝子の探索
  • 2016 - 2020 DNAメチル化を介した軟骨基質破壊機構の解明
  • 2014 - 2016 ヒト関節軟骨細胞におけるIL1B遺伝子発現に関わるDNAメチル化機構の解明
論文 (44件):
  • Yuya Ishikawa, Masayuki Ohashi, Toru Hirano, Michiharu Matsuda, Takeru Akabane, Haruo Kanno, Ko Hashimoto, Kyoichi Handa, Toshimi Aizawa, Tomoto Suzuki, et al. Mid- to Long-Term Outcomes After Resection of Thoracic Dumbbell Tumors Managed by Laminectomy and Unilateral Total Facetectomy Without Instrumented Fusion. Global spine journal. 2021. 21925682211008836-21925682211008836
  • Masao Koda, Hideki Hanaoka, Yasuhisa Fujii, Michiko Hanawa, Yohei Kawasaki, Yoshihito Ozawa, Tadami Fujiwara, Takeo Furuya, Yasushi Ijima, Junya Saito, et al. Randomized trial of granulocyte colony-stimulating factor for spinal cord injury. Brain : a journal of neurology. 2021. 144. 3. 789-799
  • Takashi Aki, Ko Hashimoto, Hiroaki Uozumi, Masahiro Saito, Ko Sugawara, Manabu Suzuki, Soshi Hamada, Akemi Ito, Eiji Itoi. Morphological and Morphometrical Analyses of Fracture-Healing Sites of an Atypical Femoral Fracture in Patients with and without Long-Term Bisphosphonate Treatment for Osteoporosis: A Report of Two Cases. The Tohoku journal of experimental medicine. 2021. 253. 4. 261-267
  • 橋本 功, 田中 靖久, 相澤 俊峰, 椿野 巧, 中川 智刀, 舘田 聡, 高橋 康平, 鈴木 学, 大野木 孝嘉, 両角 直樹, et al. 前額断MRIによる腰椎椎間孔部狭窄の診断 T1・T2強調画像の信頼性・再現性と読影傾向の比較検証. Journal of Spine Research. 2021. 12. 3. 359-359
  • Toshimi Aizawa, Ko Hashimoto, Haruo Kanno, Kyoichi Handa, Kohei Takahashi, Takahiro Onoki, Eiji Itoi, Hiroshi Ozawa. Retrospective comparison of the surgical results for patients with thoracic myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament: Posterior decompression with instrumented spinal fusion versus modified anterior decompression through a posterior approach. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2021
もっと見る
MISC (135件):
  • 橋本功, 田中靖久, 相澤俊峰, 椿野巧, 中川智刀, 舘田聡, 高橋康平, 鈴木学, 大野木孝嘉, 両角直樹, et al. 前額断MRIによる腰椎椎間孔部狭窄の診断-T1・T2強調画像の信頼性・再現性と読影傾向の比較検証-. Journal of Spine Research (Web). 2021. 12. 3
  • 鈴木 学, 田中 靖久, 橋本 功, 相澤 俊峰, 椿野 巧, 星川 健, 高橋 康平, 三宅 公太, 小城 繁明, 金城 英傑, et al. 腰痛のない健常中高年者229名における腰椎不安定性. 日本整形外科学会雑誌. 2020. 94. 8. S1910-S1910
  • 鈴木 学, 相澤 俊峰, 橋本 功, 菅野 晴夫, 小野田 祥人, 井樋 栄二. 自然縮小した胸椎部砂時計腫の1例. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020. 32. 2. 198-201
  • 石川裕也, 大橋正幸, 平野徹, 渡辺慶, 松田倫治, 菅野晴夫, 橋本功, 半田恭一, 相澤俊峰, 赤羽武, et al. 片側椎間関節切除に固定術を併用しない胸椎砂時計腫摘出術の中長期成績:多施設研究. 東北整形災害外科学会雑誌. 2020. 63. 1
  • 鈴木学, 相澤俊峰, 橋本功, 菅野晴夫, 小野田祥人, 井樋栄二. 自然縮小した胸椎部砂時計腫の1例. 東日本整形災害外科学会雑誌(Web). 2020. 32. 2
もっと見る
特許 (2件):
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 東北大学 整形外科学分野
  • 1993 - 1999 東北大学
  • 1990 - 1993 宮城県仙台第二高等学校
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学大学院医学系研究科)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 東北大学大学院医学系研究科 整形外科学 講師
  • 2018/04 - 2019/03 一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院 整形外科 整形外科 科長
委員歴 (1件):
  • 東日本整形災害外科学会 評議員
受賞 (7件):
  • 2019/10 - 日本脊椎脊髄病学会 アジア・トラベリングフェローシップ
  • 2015/10 - AO Spine Traveling Fellowship
  • 2015/03 - 日本軟骨代謝学会 日本軟骨代謝学会賞
  • 2013/06 - 東北大学整形外科同窓会 学術振興基金学術業績賞
  • 2011/09 - Osteoarthritis Research Society International Young Investigator Award
全件表示
所属学会 (10件):
東日本整形災害外科学会 ,  日本軟骨代謝学会 ,  Orthopedic Research Society ,  Asia Pacific Orthopaedic Association ,  Asia Pacific Spine Society ,  Osteoarthritis Research Society International ,  日本骨粗鬆症学会 ,  東北整形災害外科学会 ,  日本脊椎脊髄病学会 ,  日本整形外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る