研究者
J-GLOBAL ID:201901009307488976   更新日: 2024年05月08日

八幡 穣

ヤワタ ユタカ | Yawata Yutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 応用微生物学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2025 細菌の持久能力とその多様性の解明:最大遊泳航続時間を実測する
  • 2018 - 2023 非破壊的可視化による配偶子インテグリティの予見
  • 2018 - 2021 マイクロ流体ロボティクスで可視化して解明する微生物のin-situ増殖動態
  • 2020 - ヒトiPS細胞大量製造プロセスにおける、品質逸脱防止技術の開発
  • 2017 - 2019 細菌バイオフィルムにおけるスペシャリスト細胞出現プロセスの機械学習を用いた解明
論文 (35件):
  • Norris, Noele, Alcolombri, Uria, Keegstra, Johannes M, Yawata, Yutaka, Menolascina, Filippo, Frazzoli, Emilio, Levine, Naomi M, Fernandez, Vicente I, Stocker, Roman. Bacterial chemotaxis to saccharides is governed by a trade-off between sensing and uptake. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2022. 121. 11. 2046-2059
  • Chigusa Okano, Kyosuke Takabe, Tomohiro Hirayama, Nobuhiko Nomura, Yutaka Yawata. Three-dimensional morphology of bacterial community developed on the index-matched materials. Scientific reports. 2021. 11. 1. 19508-19508
  • Wong, Gerard C. L, Antani, Jyot D, Lele, Pushkar P, Chen, Jing, Nan, Beiyan, Kuhn, Marco J, Persat, Alexandre, Bru, Jean-Louis, Hoyland-Kroghsbo, Nina Molin, et al. Roadmap on emerging concepts in the physical biology of bacterial biofilms: from surface sensing to community formation. PHYSICAL BIOLOGY. 2021. 18. 5
  • Yawata, Yutaka, Carrara, Francesco, Stocker, Roman. Bacterial biofilms on marine particles. Physical Biology. 2021
  • Yawata, Yutaka, Carrara, Francesco, Menolascina, Filippo, Stocker, Roman. Constrained optimal foraging by marine bacterioplankton on particulate organic matter. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2020. 117. 41. 25571-25579
もっと見る
MISC (13件):
  • 稲葉,知大, 八幡,穣, 泉福,英信, 野村,暢彦. P26-3 砂糖はStreptococcus mutansの細胞死を誘発する(ポスター発表). 日本微生物生態学会講演要旨集. 2014. 2014. 265
  • 稲葉 知大, 清川 達則, 尾花 望, 豊福 雅典, 八幡 穣, 野村 暢彦. 集団微生物学のすすめ:バイオフィルムとその解析技術. 化学と生物. 2014. 52. 9. 594-601
  • 清川 達則, 八幡 穣, 豊福 雅典. 嫌気脱窒環境下における緑膿菌のBiofilm形成メカニズムの解析. Journal of environmental biotechnology. 2012. 12. 2. 123-128
  • 稲葉,知大, 坂口,文音, 八幡,穣, 泉福,英信, 内山,裕夫, 野村,暢彦. 2Dp15 SucroseによるStreptococcus mutansの細胞外DNA分泌促進機構の解析(分類,系統,遺伝学/遺伝子工学/植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2012. 64. 53
  • 酒井 亮祐, 八幡 穣, 内山 裕夫, 野村 暢彦. 2A-5 緑膿菌ムコイド-非ムコイド複合バイオフィルムの解析(M.界面/バイオフィルム,口頭発表). 日本微生物生態学会講演要旨集. 2010. 26. 85-85
もっと見る
特許 (12件):
  • 検査装置、判定装置、検査方法およびコンピュータープログラム
  • データ作成方法及びデータ使用方法
  • 品質評価方法及び品質評価プログラム
  • 品質評価方法及び品質評価プログラム
  • カルチャーインサート
もっと見る
書籍 (1件):
  • スマートセルインダストリー
    シーエムシー出版 2018
講演・口頭発表等 (66件):
  • 乱流が作り出す複雑な攪拌が微生物生産に与える影響の実測
    (日本農芸化学会2024年度大会)
  • Behavioral Ecology of Environmental Microorganisms
    (IEEE-NANOMED)
  • Diverging risk preference of marine bacterial foragers
    (農芸化学会関東支部例会 トピックス賞受賞者講演)
  • Visualization of bacterial communication network
    (FEMS)
  • Diverging risk preference of marine bacterial foragers
    (FEMS2023)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2022/03 - 現在 筑波大学生命環境系 准教授
  • 2017/03 - 2022/02 筑波大学生命環境系 テニュアトラック助教・文部科学省卓越研究員
  • 2015/09 - 2017/02 スイス連邦工科大学 博士研究員
  • 2013/04 - 2015/08 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
  • 2011/04 - 2013/08 日本学術振興会海外特別研究員 (マサチューセッツ工科大学)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/06 - 現在 バイオミディア編集委員
受賞 (3件):
  • 2021/06 - 日本微生物生態学会 日本微生物生態学会奨励賞 行動微生物生態学における原理の発見
  • 2021/03/31 - 日本農芸化学会 日本農芸化学会トピックス賞 一細胞自家蛍光シグネチャーに基づく非破壊的な油脂生産性の予測
  • 2021/03 - 日本農芸化学会 日本農芸化学会トピックス賞 一細胞自家蛍光シグネチャーに基づく非破壊的な油脂生産性の予測
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本微生物生態学会 ,  日本生物工学会 ,  日本バイオフィルム学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る