研究者
J-GLOBAL ID:201901010014897926   更新日: 2021年08月17日

岩田 尚子

イワタ ナオコ | Naoko Iwata
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (7件): 在宅看護 ,  在宅ケア ,  訪問看護 ,  外来看護 ,  退院支援 ,  老年看護 ,  がん看護
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2024 外来化学療法を受ける高齢がん患者の訪問看護導入に関する指針の普及に向けた教材開発
  • 2019 - 2021 学士課程の在宅看護実習に関わる訪問看護師による学生の学習意欲を高める臨地実習指導の在り方
  • 2017 - 2020 eラーニングシステムを活用した在宅看護シミュレーション教材の開発と教育評価
  • 2016 - 2018 外来化学療法を受ける高齢がん患者と共に訪問看護の導入を検討するための指針開発
  • 2013 - 2017 BPSDの薬物療法を実施している在宅認知症高齢者と家族のための支援指針の開発
論文 (6件):
MISC (2件):
  • 岩田尚子. 訪問看護師と外来看護師の連携〈解説1〉訪問看護師の視点 在宅療養生活を支える外来看護師との連携のあり方. コミュニティケア. 2021. 23. 5
  • 春日 広美, 太田 浩子, 遠山 寛子, 岩田 尚子, 久長 正美, R.・ブルーヘルマンス, 稲葉 竹俊, 松永 信介, 田所 良之, 田中 貴大, et al. 【工夫が光る! 在宅看護演習・実習】人がその地域で暮らすことを学ぶ工夫 在宅看護シミュレーションシステムとライフストーリー演習. 看護教育. 2020. 61. 11. 1004-1012
書籍 (1件):
  • 認知症訪問看護
    中央法規出版 2015 ISBN:9784805851531
講演・口頭発表等 (27件):
  • 外来化学療法を受ける高齢がん患者と共に訪問看護の導入を検討する指針を構成する「訪問看護導入に向けた関わり」の重要性の検討
    (日本がん看護学会学術集会 2021)
  • eラーニングを活用した在宅看護シミュレーションシステムの評価 課題にみられた学びの傾向
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2020)
  • eラーニングシステムを活用した在宅看護シミュレーションシステム教育評価 課題にみられた個人の変化
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2020)
  • 外来化学療法室の看護師による高齢がん患者への訪問看護導入の検討の特徴に関する全国調査
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2020)
  • 「外来化学療法を受ける高齢がん患者と共に訪問看護の導入を検討するための指針」の実行可能性の検討 「訪問看護の導入を検討する対象」に焦点を当てて
    (Palliative Care Research 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2018 千葉大学大学院看護学研究科
  • 2007 - 2009 千葉大学大学院看護学研究科
  • 1995 - 1999 浜松医科大学 看護学科
学位 (3件):
  • 博士(看護学) (千葉大学)
  • 修士(看護学) (千葉大学)
  • 学士(看護学) (浜松医科大学)
経歴 (5件):
  • 2020/10 - 現在 東京医科大学 医学部看護学科 在宅看護学 講師
  • 2016/10 - 2020/09 東京医科大学 医学部看護学科 在宅看護学 助教
  • 2009/04 - 2014/03 セコム医療システム株式会社セコム訪問看護ステーション 看護師
  • 2005/10 - 2007/03 浜松医科大学医学部看護学科 臨床看護学講座 老年看護学 助手
  • 1999/04 - 2005/09 東京医科大学病院 看護師
委員歴 (1件):
  • 2021/07 - 現在 千葉看護学会学会誌 査読者
受賞 (1件):
  • 2020/07 - 一般社団法人日本在宅ケア学会 令和2年度一般社団法人日本在宅ケア学会優秀論文賞 外来看護師と訪問看護師が判断する外来化学療法を受ける高齢がん患者が訪問看護を導入する意義
所属学会 (9件):
日本生命倫理学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  千葉看護学会 ,  日本家族看護学会 ,  日本がん看護学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本老年看護学会 ,  日本在宅ケア学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る