研究者
J-GLOBAL ID:201901010554605860   更新日: 2020年03月06日

岡野 伸哉

OKANO Shin'ya
研究分野 (2件): 言語学 ,  言語学
研究キーワード (3件): モダリティ ,  形式意味論 ,  ドイツ語
論文 (2件):
  • 岡野伸哉. A Stereotypicality-based Analysis of the German Half-modal Scheinen. 言語情報科学. 2019. 17. 1-17
  • 岡野伸哉, 森芳樹. On CG Management of Japanese Weak Necessity Modal Hazu. New Frontiers in Artificial Intelligence - JSAI-isAI 2014 Workshops, LENLS, JURISIN, and GABA, Yokohama, Japan, November 23-24, 2014, Revised Selected Papers [[Lecture Notes in Artificial Intelligence 9067]. 2015
MISC (1件):
  • 岡野伸哉. Scheinen / 「ようだ」の証拠性とモダリティ -形式意味論の観点から. 意味的構造性に基づく文法構造をめぐって(日本独文学会研究叢書121). 2017. 4-19
講演・口頭発表等 (6件):
  • Zum Skopus der Negation beim epistemischen düfte
    (第47回語学ゼミナール 2019)
  • A non-epistemic-modal analysis of the “half modal” scheinen in German.
    (40. Jahrestagung der Deutschen Gesellschaft für Sprachwissenschaft 2018)
  • On CG management of Japanese weak necessity modal ‘hazu’
    (Logic and Engineering of Natural Language Semantics 11 2014)
  • On abductive uses of Japanese “hazu”
    (11th International Conference on Actionality, Tense, Aspect, Modality/Evidentiality (Chronos 11) 2014)
  • 法助動詞の時間解釈に関する独英対照
    (日本独文学会秋季研究発表会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(学術) (東京大学)
所属学会 (1件):
日本独文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る