研究者
J-GLOBAL ID:201901010601354781   更新日: 2024年05月18日

永井 隆

Takashi Nagai
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
研究キーワード (3件): 磁性ナノ粒子 ,  前立腺癌 ,  温熱療法
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2024 - 2027 金属有機構造体を用いた新規ナノ粒子開発による進行性前立腺癌治療法の確立
  • 2022 - 2025 フェムト秒レーザーを用いた新たな尿路結石治療法の開発
  • 2021 - 2024 去勢抵抗性前立腺癌における細胞間連絡機構を介した進展機序の解明と分子基盤
  • 2018 - 2020 リアルタイム画像イメージングによる前立腺癌局在診断を応用した臓器温存標的療法
  • 2020 - 2020 磁性ナノ粒子による転移性去勢抵抗性前立腺癌の微小転移巣検出および新規治療法の確立
全件表示
論文 (94件):
  • Yoshihiko Tasaki, Shuzo Hamamoto, Taku Naiki, Toshiki Etani, Shoichiro Iwatsuki, Rei Unno, Takashi Nagai, Yoshihisa Mimura, Yosuke Sugiyama, Yuji Hotta, et al. MP10-06 ELEVATED EOSINOPHILS BEFORE 2 COURSE TREATMENT MAY BE A UNIVERSAL BIOMARKER FOR IMMUNE-RELATED ADVERSE EVENTS INDUCED BY COMMON TO DIFFERENT IMMUNE CHECKPOINT INHIBITOR AND CANCER TYPES INCLUDING TO UROLOGICAL CANCER. Journal of Urology. 2024. 211. 5S
  • Toshiharu Morikawa, Taku Naiki, sugiyama, Aya Naiki-Ito, Takashi Nagai, Toshiki Etani, Keitaro Iida, Teruki Isobe, Yusuke Noda, Nobuhiko Shimizu, et al. C-Reactive Protein Is a Potential Prognostic Marker in Patient with Advanced or Metastatic Urothelial Carcinoma Treated with Enfortumab Vedotin: A Multi-Center Retrospective Study. Cancers. 2024
  • Teruki Isobe, Noriyasu Kawai, Maria Aoki, Toshiharu Morikawa, Masakazu Gonda, Nami Tomiyama, Takashi Nagai, Keitaro Iida, Toshiki Etani, Taku Naiki, et al. Late relapsing testicle cancer identified with isochromosome 12p (i12p) fluorescence in situ hybridization (FISH) analysis. Pathology international. 2024
  • Keitaro Iida, Taku Naiki, Toshiki Etani, Takashi Nagai, Yosuke Sugiyama, Teruki Isobe, Maria Aoki, Satoshi Nozaki, Yusuke Noda, Nobuhiko Shimizu, et al. Proton pump inhibitors and potassium competitive acid blockers decrease pembrolizumab efficacy in patients with metastatic urothelial carcinoma. Scientific reports. 2024. 14. 1. 2520-2520
  • 三村 佳久, 杉山 洋介, 小田切 州広, 田崎 慶彦, 飯田 萌子, 木村 優花, 伊藤 菜浪, 堀田 祐志, 内木 拓, 惠谷 俊紀, et al. Cachexia indexは転移性尿路上皮がん患者の予後予測因子となる. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2023. 61回. O40-1
もっと見る
MISC (83件):
  • 内木拓, 杉山洋介, 森川敏治, 磯部輝紀, 清水伸彦, 野田祐介, 永井隆, 惠谷俊紀, 青木マリア, 権田将一, et al. 転移性尿路上皮癌に対する3次治療施行症例の後方視的解析. 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集. 2023. 73rd
  • 磯部輝紀, 内木拓, 杉山洋介, 清水伸彦, 野田祐介, 永井隆, 惠谷俊紀, 青木マリア, 権田将一, 森川敏治, et al. IO治療導入における転移性尿路上皮癌治療予後の変遷. 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集. 2022. 72nd
  • 森川敏治, 内木拓, 内木綾, 三村佳久, 青木マリア, 磯部輝紀, 権田将一, 冨山奈美, 清水伸彦, 野田祐介, et al. 転移巣切除を行った尿路上皮癌症例に関する検討. 日本癌治療学会学術集会(Web). 2022. 60th
  • 青木マリア, 内木拓, 磯部輝紀, 権田将一, 冨山奈美, 清水伸彦, 野田祐介, 永井隆, 惠谷俊紀, 飯田啓太郎, et al. 術前化学療法前後における骨格筋変化量は膀胱全摘症例の予後予測因子である. 日本癌治療学会学術集会(Web). 2022. 60th
  • 内木 拓, 杉山 洋介, 田崎 慶彦, 飯田 啓太郎, 惠谷 俊紀, 永井 隆, 野田 祐介, 岡田 朋記, 清水 伸彦, 安藤 亮輔, et al. short hydration GC療法レジメンの新規樹立とwearable deviceを用いたモニタリング法. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2020. 58回. O45-1
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • アジア泌尿器科学会 発表
    (2020)
所属学会 (6件):
アメリカ泌尿器科学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本泌尿器腫瘍学会 ,  アジア泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る