研究者
J-GLOBAL ID:201901010710721689   更新日: 2020年06月08日

秋元 文

Akimoto Aya Mizutani
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 高分子材料
研究キーワード (3件): バイオマテリアル ,  ハイドロゲル ,  ソフト界面
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 スマートサーフェス設計を戦略とした革新的分離解析技術の開発
  • 2018 - 自律的に膨潤-収縮を繰り返す高分子ナノ薄膜のin situダイナミクス計測
  • 2011 - 2012 ジスルフィド交換反応を用いた新規刺激応答性表面の調製と遺伝子導入への応用
  • 2010 - 2011 高濃度アミノ基含有ポリマーブラシの調製と新規トランスフェクションアレイへの応用
論文 (24件):
  • Kenichi Nagase, Naho Uchikawa, Tadashi Hirotani, Aya Mizutani Akimoto, Hideko Kanazawa. Thermoresponsive anionic copolymer brush-grafted surfaces for cell separation. Colloids Surf. B: Biointerfaces. 2020. 185. 1. 110565
  • Kenichi Nagase, Sakiko Kitazawa, Sota Yamada, Aya Mizutani Akimoto, Hideko Kanazawa. Mixed polymer brush as a functional ligand of silica beads for temperature-modulated hydrophobic and electrostatic interactions. 2020. 1095. 1-13
  • Toshiki Yoshizawa, Michika Onoda, Takeshi Ueki, Ryota Tamate, Aya Mizutani Akimoto, Ryo Yoshida. Fabrication of self-oscillating micelles with a built-in oxidizing agent. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2020. 59. 3871-3875
  • Jun Akimoto, Ryota Tamate, Shingo Okazawa, Aya M. Akimoto, Michika Onoda, Ryo Yoshida, Yoshihiro Ito. Reactivity control of polymer functional groups by altering the structure of thermoresponsive triblock copolymers. ACS Omega. 2019. 4. 15. 16344-16351
  • Homma K, Masuda T, Akimoto AM, Nagase K, Okano T, Yoshida R. Stable and Prolonged Autonomous Oscillation in a Self-Oscillating Polymer Brush Prepared on a Porous Glass Substrate. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2019. 35. 30. 9794-9801
もっと見る
MISC (90件):
  • 西本泰平, 榎本孝文, 林家萱, 吳致廣,, 羅世強, 秋元文, 吉田亮. 表面グラフト重合を利用したフッ素コートハイドロゲルの創製. 高分子学会予稿集. 2020
  • 高穎, 秋元文, 田中信行, Li Xiang, 柴山充弘, 太田裕治, 小野田実真, 春園嘉英, 田中 陽, 吉田亮. ハイドロゲルの表面粘着性に影響する因子. 高分子学会予稿集. 2020
  • 西本泰平, 松川滉, 長瀬健一, 金澤秀子, 秋元文, 吉田亮. コラーゲンゲルのin situ表面修飾による空間的細胞配置システム. 高分子ゲル研究討論会講演要旨集. 2019. 30th. 99-100
  • 長瀬健一, 稲永大夢, 永田勇貴, 枝常吾郎, 秋元文, 金澤秀子. 温度応答性高分子修飾シリカ担体を用いた細胞分離カラムの作製. 日本再生医療学会総会(Web). 2019. 18th. ROMBUNNO.O-27-3 (WEB ONLY)
  • 玉手亮多, 玉手亮多, 上木岳士, 秋元文, 吉田亮. 高分子ゲルの構造制御と医療,ヘルスケア分野への応用 動的ハイドロゲルの創製と三次元細胞培養への応用. 月刊Material Stage. 2018. 18. 9. 39-44
もっと見る
特許 (1件):
  • 細胞吸脱着分離・測定装置
書籍 (5件):
  • ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術
    S&T出版 2016
  • インスツルメンテーションの視点からみたバイオミメティクス, 下村政嗣 編
    CMC出版 2016
  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials
    Springer 2015
  • Biomaterials Nanoarchitectonics: Design of Functional Nanomaterials for Biomedical Applications
    Elsevier 2015
  • 医療用ゲルの最新技術, 監修:吉田亮
    シーエムシー出版 2008
講演・口頭発表等 (15件):
  • ハイドロゲル表面物性の理解と機能創出
    (高分子同友会勉強会 2019)
  • スマートポリマーによる表面改質:硬い基材から柔らかい含水材料まで
    (日本接着学会コーティングセミナー 2018)
  • Development of hydrogel surface science for biomedical applications
    (The 35th International Conference of Photopolymer Science and Technology, Materials & Processes for Advanced Microlithography, Nanotechnology and Phototechnology 2018)
  • ハイドロゲル表面科学の開拓とバイオ展開
    (企業セミナー 2018)
  • バイオマテリアルへの応用を目指して ゲルの表面を知る・作る・使う
    (若手招待講演, 第67回高分子年次大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2007 - 2010 慶應義塾大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士課程
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (慶應義塾大学)
経歴 (8件):
  • 2019/02 - 2019/06 産育休の取得(第二子)
  • 2019/04 - 東京大学 准教授
  • 2015/10 - 東京大学 講師
  • 2013/02 - 東京大学 助教
  • 2012/04 - 2012/11 産育休の取得(第一子)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018 - 2019 インテリジェント・ナノ材料研究会(旧:インテリジェント材料・システム研究会) 企画幹事
  • 2017 - 2019 次世代医工学研究会 第6期幹事
  • 2014 - 第36回日本バイオマテリアル学会大会 実行委員
  • 2013 - 第35回日本バイオマテリアル学会大会 実行委員
受賞 (6件):
  • 2017 - インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞
  • 2016 - Analytical Sciences Hot Paper Award
  • 2009 - 高分子学会関西支部 エクセレントポスター賞
  • 2008 - 日本薬学会物理系薬学部会 奨励賞
  • 2008 - 日本分析化学会 若手優秀賞
全件表示
所属学会 (4件):
日本分析化学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  高分子ゲル研究会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る