研究者
J-GLOBAL ID:201901010766492593   更新日: 2024年02月21日

菅原 育子

SUGAWARA Ikuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (5件): 高齢社会 ,  加齢 ,  主観的well-being ,  社会参加 ,  社会関係
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2023 - 2028 住民主体の地域づくりの「試行段階」におけるエンパワメント方法の開発・実装・評価
  • 2021 - 2026 100年人生対応の包摂型地域創出のための統合型地域診断に基づく地域再生手法の研究
  • 2021 - 2025 介護助手に焦点を当てた高齢期就労の健康影響に関する包括的エビデンスの構築
  • 2021 - 2024 ポストコロナ社会の高齢者就労と社会参画:人生100年時代における高齢期就労の課題
  • 2020 - 2024 高齢期の家族・仕事・地域・経済と健康のダイナミクス:コホート・年齢差の研究
全件表示
論文 (40件):
  • Toshiharu Igarashi, Ikuko Sugawara, Takenobu Inoue, Misato Nihei. Research Participant Selection Bias in the Workshop Using Socially Assistive Robots for Older Adults and Its Effect on Population Representativeness. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2023. 20. 10. 5915-5915
  • 菅原育子. 地域コミュニティにおけるつながりづくりとICTの活用の可能性. 生活協同組合研究. 2023. 567. 567. 32-41
  • 松田弥花, 馬場絢子, 菅原育子, 孫輔卿, 飯島勝矢. 地域活動に従事する高齢者のWell-being概念に関する文献研究. 広島大学大学院人間社会科学研究科紀要「教育学研究」. 2022. 3. 163-172
  • 菅原育子, 荻野亮吾. 地域活動を通した高齢者のエンパワメントの過程ー「コミュニティ・エンパワメント」の観点からの事例分析ー. 日本の社会教育第66集 高齢社会と社会教育. 2022. 54-66
  • Toshiharu Igarashi, Misato Nihei, Takenobu Inoue, Ikuko Sugawara, Minoru Kamata. Eliciting a User’s Preferences by the Self-Disclosure of Socially Assistive Robots in Local Households of Older Adults to Facilitate Verbal Human-Robot Interaction. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022. 19. 18. 11319
もっと見る
MISC (15件):
  • 菅原育子. 住民主体の地域活動を支える組織およびコミュニティレベルのエンパワメントとその評価. 社会教育. 2023. 927. 26-33
  • 菅原育子. 人や社会との関わりと高齢者の生きがいのダイナミックス. エイジングアンドヘルス. 2023. 32. 1. 11-15
  • 五十嵐 俊治, 二瓶 美里, 水野 順平, 井上 剛伸, 菅原 育子, 鎌田 実. コミュニケーションロボットと利用者の会話における導入初期・後期とシステムユーザビリティ尺度による比較. 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集. 2019. 2019. 65-65
  • 古谷野 亘, 澤岡 詩野, 菅原 育子, 西村 昌記. 高齢者が日常生活において交流している他者との関係 : その分類と把握 (特集 いま改めて考える高齢者の社会関係 : 研究の到達点とこれから). 老年社会科学. 2016. 38. 3. 345-350
  • 菅原 育子. 高齢者の社会とのつながりと健康およびwell-beingへの経路. 老年社会科学. 2016. 38. 3. 351-356
もっと見る
書籍 (8件):
  • コミュニティを研究する : 概念、定義、測定方法
    新曜社 2023 ISBN:9784788518209
  • 60歳から幸せが続く人の共通点 : 「老年幸福学」研究が教える
    青春出版社 2023 ISBN:9784413046770
  • 地域教育経営論 : 学び続けられる地域社会のデザイン
    大学教育出版 2022 ISBN:9784866922232
  • 高齢者を支える技術と社会的課題
    国立国会図書館 2021 ISBN:9784875828778
  • 地域包括ケアのまちづくり : 老いても安心して住み続けられる地域を目指す総合的な試み
    東京大学出版会 2020 ISBN:9784130604161
もっと見る
講演・口頭発表等 (75件):
  • 住民向けコミュニティエンパワメントプログラムの実装と評価
    (第26回日本福祉のまちづくり学会)
  • 定年退職後の幸福感を高める自己有用感と人とのつながり
    (日本心理学会第87回大会)
  • 地域活動への継続的な参加の「きっかけ」に関する検討:高齢化率が高い街での高齢住人を対象とした混合研究
    (日本老年社会科学会第65回大会)
  • Engagement with life and society in old age: Qualitative exploration of retired older Japanese
    (IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2023)
  • Associations between early-life experiences and late-life activities: The K2 Study
    (IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2023)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2001 - 2005 東京大学 大学院人文社会系研究科 社会心理学専門分野博士課程
  • 1999 - 2001 東京大学 大学院人文社会系研究科 社会心理学専門分野修士課程
  • 1997 - 1999 東京大学 文学部 社会心理学専修課程
  • 1995 - 1997 東京大学 教養学部 文科3類
学位 (1件):
  • 博士(社会心理学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 西武文理大学 サービス経営学部 健康福祉マネジメント学科 准教授
  • 2020/05 - 2021/03 東京大学 未来ビジョン研究センター 特任講師
  • 2015/06 - 2021/03 東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師
  • 2012/04 - 2015/05 東京大学 社会科学研究所 助教
  • 2009/04 - 2012/03 東京大学 高齢社会総合研究機構 特任助教
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2023/04 - 現在 内閣府 令和5年度「エイジレス・ライフ実践事例及び社会参加活動事例」選考委員会委員
  • 2022/12 - 現在 東京都調布市 調布市生涯学習推進協議会
  • 2018/04 - 2020/03 茅ヶ崎市 総合計画審議会委員
  • 2012/04 - 2013/03 文部科学省 社会教育による地域の教育力強化プロジェクトにおける実証的共同研究選定委員会
受賞 (1件):
  • 2016/06 - 日本老年社会科学会 日本老年社会学会奨励賞
所属学会 (5件):
日本社会教育学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る