研究者
J-GLOBAL ID:201901011092513073   更新日: 2020年07月03日

鷲見 公太

kota washimi
所属機関・部署:
職名: 医長
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
研究キーワード (2件): 中皮腫 ,  骨軟部腫瘍
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2020 未分化多形肉腫の病理学的所見と予後との関連性に関する解析
論文 (6件):
  • 鈴木 理樹, 笠島 理加, 横瀬 智之, 山口 類, 井元 清哉, 吉岡 恵美, 鷲見 公太, 大久保 陽一郎, 河内 香江, 宮城 洋平. 全エクソーム解析による高悪性度胎児型肺腺癌の遺伝子異常の解明. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 287-287
  • 吉岡 恵美, 河内 香江, 鷲見 公太, 鈴木 理樹, 大久保 陽一郎, 横瀬 智之, 宮城 洋平. 上皮成分も悪性であった悪性葉状腫瘍の一例. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 392-392
  • 大久保 陽一郎, 野口 剛, 宮城 洋平, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 鷲見 公太, 河内 香江, 岸田 健, 亀田 陽一, 横瀬 智之. 前立腺生検における生検前MRIの臨床病理学的意義. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 402-402
  • 鷲見 公太, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 大久保 陽一郎, 河内 香江, 横瀬 智之. 未分化肉腫の予後解析. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 416-416
  • Atsumi Y, Murakawa M, Yamaoku K, Aoyama T, Kanazawa A, Higuchi A, Shiozawa M, Kobayashi S, Ueno M, Morimoto M, Washimi K, Yokose T, Yamamoto N, Oshima T, Yukawa N, Yoshikawa T, Rino Y, Masuda M, Morinaga S. [A Case of Primary Splenic Inflammatory Myofibroblastic Tumor]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2016. 43. 12. 2268-2270
もっと見る
MISC (69件):
  • 鈴木 理樹, 笠島 理加, 横瀬 智之, 山口 類, 井元 清哉, 吉岡 恵美, 鷲見 公太, 大久保 陽一郎, 河内 香江, 宮城 洋平. 全エクソーム解析による高悪性度胎児型肺腺癌の遺伝子異常の解明. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 287-287
  • 吉岡 恵美, 河内 香江, 鷲見 公太, 鈴木 理樹, 大久保 陽一郎, 横瀬 智之, 宮城 洋平. 上皮成分も悪性であった悪性葉状腫瘍の一例. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 392-392
  • 大久保 陽一郎, 野口 剛, 宮城 洋平, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 鷲見 公太, 河内 香江, 岸田 健, 亀田 陽一, 横瀬 智之. 前立腺生検における生検前MRIの臨床病理学的意義. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 402-402
  • 鷲見 公太, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 大久保 陽一郎, 河内 香江, 横瀬 智之. 未分化肉腫の予後解析. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 416-416
  • 大久保 陽一郎, 吉岡 恵美, 鈴木 理樹, 鷲見 公太, 河内 香江, 亀田 陽一, 横瀬 智之. 網羅的文献調査を基盤としたgangliocytic paraganglioma 263例の解析. 日本病理学会会誌. 2018. 107. 2. 110-110
もっと見る
書籍 (1件):
  • 腫瘍病理鑑別診断アトラス 骨腫瘍
    文光堂 2016
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 横浜市立大学 医学部 医学研究科
  • 2002 - 2008 愛媛大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士 (横浜市立大学)
経歴 (1件):
  • 2010/04 - 現在 神奈川県立がんセンター
受賞 (1件):
  • 2015/05 - 日本病理学会 病理学研究新人賞
所属学会 (2件):
日本臨床細胞学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る