研究者
J-GLOBAL ID:201901011164223180   更新日: 2021年09月09日

大古 拓史

オオコ ヒロシ | Hiroshi Ohko
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.seijoh-u.ac.jp/professor_information/rehabilitation/大古拓史.html
研究分野 (3件): 栄養学、健康科学 ,  リハビリテーション科学 ,  高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (6件): Myokine ,  リハビリテーション医学 ,  運動療法 ,  理学療法 ,  変形性膝関節症 ,  膝蓋骨可動性
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 変形性膝関節症患者の膝屈曲角度改善プログラムの確立と活動量向上に向けた介入研究
  • 2021 - 2022 温泉浴を利用した再生医療リハビリテーションにおける脳由来神経栄養因子を効率的に増加させる新たな運動療法の開発
  • 2019 - 2020 脳脊髄損傷後の治療促進にむけた脳由来神経栄養因子発現の基礎的臨床研究
  • 2017 - 2019 膝蓋骨可動性測定機器開発と膝OA患者の膝屈曲角度改善と活動量向上に向けた臨床研究
  • 2015 - 2017 膝関節から生じる振動信号の解析による変形性膝関節症の早期診断方法の確立
全件表示
論文 (14件):
  • Susumu Ota, Remi Fujita, Hiroshi Ohko, Aiko Imai. Effects of gait and activities of daily living modifications for improving knee joint function in community-dwelling middle-aged and older people -a randomized control study-. Journal of Musculoskeletal Research. 2021. 24. 02. 2150007-2150007
  • Hiroshi Ohko, Yasunori Umemoto, Yuta Sakurai, Shouhei Araki, Daisuke Kojima, Yoshiichiro Kamijo, Kota Murai, Yoshinori Yasuoka, Fumihiro Tajima. The effects of endurance exercise combined with high-temperature head-out water immersion on serum concentration of brain-derived neurotrophic factor in healthy young men. International Journal of Hyperthermia. 2021. 38. 1. 1077-1085
  • Akira Ochi, Hiroshi Ohko, Takahiro Hayashi, Tatsuya Osawa, Yuto Sugiyama, Shota Nakamura, Satoko Ibuki, Noriaki Ichihashi. Relationship Between Balance Recovery From a Forward Fall and Lower-Limb Rate of Torque Development. Journal of motor behavior. 2020. 52. 1. 71-78
  • Ohko H, Kajihara F, Hayashi T, Ochi A, Kumagawa K, Okawa H. Physical Activity and Daily Nutrient Intake for Prevention of Lifestyle-Related Diseases in Individuals with Spinal Cord Injury. Journal of scientific & technical research. 2019. 14. 1. MS. ID. 002495
  • Ochi A, Ohko H, Ota S, Shimoichi N, Takemoto T, Mitsuke K. Custom-made hinged knee braces with extension support can improve dynamic balance. Journal of exercise science and fitness. 2018. 16. 3. 94-98
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (3件):
  • 動画でわかる運動器理学療法臨床実習スキル
    中山書店 2021 ISBN:9784521748849
  • 急性期のリハビリテーション医学・医療テキスト
    金芳堂 2020 ISBN:9784765317955
  • イラストと写真でわかる実践装具療法 : 装具の選択と疾患別使用例
    金芳堂 2015 ISBN:9784765316576
講演・口頭発表等 (28件):
  • 当院回復期病棟における大腿骨骨折患者の歩行自立関連因子について
    (回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会 2019)
  • Reliability assessment of a patellofemoral arthrometer using a feedback device with sheet-type pressure sensors
    (Osteoarthritis Research Society International 2018 2018)
  • Acute influences of draw-in maneuver for knee adduction moment and hip and trunk muscle activities during a person’s manner of walking
    (Osteoarthritis Research Society International 2018 2018)
  • 臨床実習における実習形態の違いが理学療法実習生の身体的・精神的活動量に与える影響
    (第52回日本理学療法学術集会 2017)
  • Preliminary study of modifications of gait and ADL to reduce knee pain and improve knee Joint function.
    (Osteoarthritis Research Society International 2017 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 現在 和歌山県立医科大学 博士課程
  • 2009 - 2011 和歌山県立医科大学 修士課程
  • 2002 - 2006 星城大学 理学療法学専攻
学位 (1件):
  • 修士(医科学) (和歌山県立医科大学医学研究科)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 星城大学 リハビリテーション学部 助教
  • 2013/04 - 2016/03 星城大学 リハビリテーション学部 助手
  • 2009/03 - 2013/03 社会医療法人 黎明会 北出病院 リハビリテーション科 理学療法士
  • 2008/11 - 2009/02 和歌山県立医科大学付属病院 リハビリテーション科 理学療法士
  • 2006/04 - 2008/10 社会医療法人 黎明会 北出病院 リハビリテーション科 理学療法士
委員歴 (1件):
  • 2015/04 - 2021/03 NPO法人愛知県理学療法学 研修部
所属学会 (7件):
理学療法科学学会 ,  日本温泉気候物理医学会 ,  日本ペインリハビリテーション学会 ,  日本体質医学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本障害者スポーツ学会 ,  日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る