研究者
J-GLOBAL ID:201901011293279249   更新日: 2021年07月15日

今井 陽一

イマイ ヨウイチ | Imai Yoichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 血液、腫瘍内科学
研究キーワード (4件): 分子生物学 ,  多発性骨髄腫 ,  白血病・骨髄異形成症候群 ,  血液内科学
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2020 - 2023 ポジトロン断層法の物理限界を克服する 全ガンマ線イメージング法の開発
  • 2020 - 2023 造血器腫瘍治療における細胞内シグナル修飾と免疫賦活化の両面からの難治性の克服
  • 2017 - 2020 多発性骨髄腫に対するHDAC阻害療法の最適化の検討
  • 2017 - 2018 多発性骨髄腫治療抵抗性のバイオマーカーの確立
  • 2017 - 2018 多発性骨髄腫に対する抗体療法のHDAC阻害による最適化の検討
全件表示
論文 (120件):
  • Iimura Y, Kurokawa T, Andoh S, Kanemoto Y, Kawamata T, Yazawa K, Sato A, Yokoyama K, Imai Y, Tsurita G, et al. Association between thiamine decrease and neuropsychiatric symptoms in gastrointestinal and hematological cancer patients receiving chemotherapy. Biomedicine & Pharmacotherapy. 2021
  • Yasui H, Kobayashi M, Sato K, Kondoh K, Ishida T, Kaito Y, Tamura H, Handa H, Tsukune Y, Sasaki M, et al. Circulating cell-free DNA in the peripheral blood plasma of patients is an informative biomarker for multiple myeloma relapse. International Journal of Clinical Oncology. 2021
  • Kaito Y, Konuma T, Monna-Oiwa M, Kato S, Isobe M, Okabe M, Imai Y, Takahashi S, Tojo A. Prognostic impacts of peripheral blood erythroblasts after single-unit cord blood transplantation. International Journal of Laboratory Hematology. 2021
  • Hosen N, Yoshihara S, Takamatsu H, Ri M, Nagata Y, Kosugi H, Shimomura Y, Hanamura I, Fuji S, Minauchi K, et al. Expression of activated integrin b7 in multiple myeloma patients. International Journal of Hematology. 2021
  • Kubota H, Masuda T, Noura M, Furuichi K, Matsuo H, Hirata M, Kataoka TR, Hiramatsu H, Yasumi T, Nakahata T, et al. RUNX inhibitor suppresses graft-versus-host disease through targeting RUNX-NFATC2 axis. eJHaem. 2021
もっと見る
MISC (91件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 多発性骨髄腫の診療指針 第5版 日本骨髄腫学会編
    文光堂 2020
  • 内科学書 中山書店 改訂第9版 Vol. 6
    中山書店 2019
  • Heat Shock Proteins in Signaling Pathways
    Springer 2019
  • What's New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド 改訂4版
    南山堂 2019
  • EBM血液疾患の治療 2019-2020 edition
    中外医学社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 次世代PETへの期待-血液内科医として
    (QST(量子科学技術研究開発機構) International Research Initiative Symposium 次世代PET研究会2021 2021)
  • 「抗体医薬の進歩~ADC(抗体薬物複合体)、二重特異性(BiTE)抗体まで~」
    (第58回日本癌治療学会学術集会臓器別シンポジウム3 造血器腫瘍に対する免疫治療戦略 2020)
  • 新規診断多発性骨髄腫の病態とIMiDsの作用機序
    (第82回日本血液学会学術集会ランチョンセミナー2-2 2020)
  • HDAC and AKT inhibitors enhance anti-myeloma effects of daratumumab.
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
  • HDAC and AKT inhibitors enhance anti-myeloma effects of dartumumab.
    (第77回日本癌学会学術総会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1994 - 1999 東京大学大学院 内科学専攻
  • 1988 - 1992 東京大学 医学科
経歴 (7件):
  • 2016/07 - 現在 東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科 准教授
  • 2010/10 - 2016/06 東京女子医科大学医学部 血液内科学 講師
  • 2008/01 - 2010/09 東京大学大学院医学系研究科 生体防御腫瘍内科学講座 血液・腫瘍病態学分野 講師
  • 2004/03 - 2007/12 ハーバード大学医学部 Immune Disease Institute 研究員
  • 2002/09 - 2004/02 東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 助手
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/01 - 現在 日本癌学会 評議員
  • - 現在 日本骨髄腫学会 代議員
  • - 現在 日本血液学会 評議員
  • 2020/09 - 2022/05 日本骨髄腫学会 学会誌編集委員会 委員
  • 2015 - 2020 日本血液学会 プログラム企画委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/01 - IMF (International Myeloma Foundation) IMF-JAPAN Special Research Grant Development of novel targeted therapies in the treatment of multiple myeloma through elucidation of molecular mechanism of oncogenesis mediated by calcineurin
  • 2001/11 - 日本臨床血液学会 奨励賞 骨髄異形成症候群におけるAML1遺伝子異常の解析
  • 2001/04 - 日本血液学会 奨励賞 Mutations of the Smad4 gene in acute myelogeneous leukemia and their functional implications in leukemogenesis
  • 2001/04 - 日本内科学会 奨励賞 ヒト造血器腫瘍におけるSmad遺伝子の変異解析
所属学会 (8件):
米国血液学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本骨髄腫学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る