研究者
J-GLOBAL ID:201901011310827883   更新日: 2021年05月10日

大岩 彩子

Ooiwa Ayako
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (5件): 市民性教育 ,  英語教育 ,  モンテッソーリ教育 ,  児童英語教育 ,  クリティカルペダゴジー
論文 (7件):
  • 大岩 彩子. 必修英語授業を通じて行う地域との連携ー「しばたサマーフェスティバル2019」で英語を使う. 敬和学園大学『人文社会科学研究所年報』. 2020. 18. 91-96
  • 大岩 彩子. 敬和学園大学における「市民性」形成を目指す言語教育の開発と実践 Project Based Learningで実践する市民性教育と言語教育:「Communication Skills 聴く・話す」での取り組み. 敬和学園大学『人文社会科学研究所年報』. 2020. 18. 37-46
  • Ayako Ooiwa, Michael Yap. Empowering learners towards self-sufficiency in an inclusive classroom environment. 敬和学園大学『人文社会科学研究所年報』. 2020. 18. 59-74
  • Ayako Ooiwa, Michael Yap, Clare Kaneko. Closing Gaps in inclusive support in Japanese tertiary education. Proceedings of the Annual NEAR Conference. Proceedings of the Annual NEAR Conference Volume 1. 2020. 1. 26-36
  • 吉沢 彩子. Implications of EFL critical pedagogy: Theory, practice, and possibilities. 敬和学園大学研究紀要. 2012. 21. 21-29
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • オンライン授業が小学校英語に変革をもたらす
    (Primary English in Niigata (にいがた小学校英語教育研究会) 2020)
  • A Sense of Belonging in an Inclusive Classroom
    (第46回 JALT International Conference 2020)
  • モンテッソーリ教育の視点から考える英語教育とUDL
    (Primary English in Niigata (にいがた小学校英語教育研究会) 2019)
  • Inclusive support at orientation for learners with SpLDs to advanced learners.
    (東北アジア言語学会 2019)
  • Implications of EFL critical pedagogy: theory, practice, and possibilities
    (東北アジア言語学会 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 University of Hawaii at Manoa Second Language Studies
  • 1999 - 2002 Southern Illinois University at Carbondale Linguistics
学位 (1件):
  • M.A. (University if Hawaii at Manoa)
経歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 敬和学園大学 人文学部 英語文化コミュニケーション学科 准教授
所属学会 (2件):
英語教育ユニバーサルデザイン研究学会 ,  JALT
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る