研究者
J-GLOBAL ID:201901011491455443   更新日: 2021年04月13日

小倉 永慈

オグラエイジ | Ogura Eiji
所属機関・部署:
職名: 常勤講師
研究分野 (2件): 文学一般 ,  英文学、英語圏文学
研究キーワード (4件): 文化研究 ,  批評理論 ,  現代文学 ,  アメリカ文学
論文 (4件):
  • 「読むこと」の教育 --言語文化研究・現代アメリカ文学研究・英語教育、それぞれ の立場から--. 言語文化共同研究プロジェクト Cultural Formation Studies II. 2020. 63-72
  • 小倉永慈. われわれが何もしないために --リチャード・パワーズの新作The Overstoryを読む--. 言語文化共同研究プロジェクト Cultural Formation Studies I. 2019. 61-70
  • OGURA Eiji. Information,Variation,and Reproduction:Richard Powers's The Gold Bug Variations. 大阪大学. 2018
  • OGURA Eiji. A Sense of Wonder: Gregory Bateson and Glenn Gould in Richard Powers’s The Gold Bug Variations. New Perspective. 2018. 207. 64-76
講演・口頭発表等 (6件):
  • 分断の真ん中に立つ人文学-現代アメリカ作家リチャード・パワーズと「われわれ」の環境問題
    (西尾総長との対話集会 - 私の研究と社会および世界 - 2019)
  • 超越的な物語,あるいは終わりの物語 --Richard PowersのThe Overstoryをめぐる,変化する解釈
    (日本アメリカ文学会全国大会 2019)
  • 疎外を「修正」できるか --Jonathan FranzenのThe Correctionsとエッセイをめぐる解釈の問題
    (日本アメリカ文学会関西支部例会 2019)
  • 〈パネル〉『グローバルな「移動」をめぐって--アメリカとブルージーンズ・東欧の移民・広島の記憶』, 発表担当「ブルージーンズのアメリカ的な移動--John Steinbeck, Jack Kerouac, Miroslav Penkov」
    (カルチュラル・タイフーン2018 2018)
  • Richard PowersのThe Gold Bug Variationsにおける恋愛と遺伝--『二つの文化』を乗り越えて
    (新英米文学会第48回大会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2018 - 2021 大阪大学 言語文化専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
  • 2016 - 2018 大阪大学 言語文化専攻 博士前期課程
  • 2011 - 2015 同志社大学 英文学科
  • 2012 - 2012 St. Mary's University
学位 (1件):
  • 修士 (言語文化学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋外国語大学 言語教育開発センター 常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 近畿大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2021/03 摂南大学 非常勤講師
所属学会 (3件):
日本アメリカ文学会 ,  新英米文学会 ,  言語文化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る