研究者
J-GLOBAL ID:201901011497532156   更新日: 2020年01月06日

斉藤 琴子

Saito Kotoko
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2010 - 2014 聴覚リズムを用いた歩行能力のプログラムの確立
  • 2011 - 2012 在宅や福祉施設における容易で簡便な歩行能力推定方法の研究
  • 2010 - 2011 片麻痺者の歩行における相対タイミングの不変性について
  • 2010 - 2011 歩行運動制御における相対タイミングおよび相対強度の影響につい
論文 (19件):
  • 斉藤 琴子, 森尾 裕志. 【認知症予防とリハビリテーション 最前線】運動と認知症予防とその可能性. MEDICAL REHABILITATION. 2017. 206. 30-35
  • 斉藤 琴子, 菅原 憲一. 脳卒中片麻痺者の歩行速度の差異による相対タイミングの変化. 理学療法の科学と研究. 2013. 4. 1. 27-29
  • 斉藤 琴子, 菅原 憲一, 村岡 慶裕. 歩行運動制御における相対タイミングおよび相対的筋活動の影響について. 理学療法学. 2012. 39. 2. 124-125
  • 斉藤 琴子, 丸山 仁司. 測定部位の差異による上肢の敏捷性および同調性への影響について. 理学療法科学. 2008. 23. 1. 139-143
  • 斉藤 琴子, 丸山 仁司. 脳卒中片麻痺者の非麻痺側の敏捷性について : 歩行自立群と非自立群を比較して. 理学療法科学. 2008. 23. 1. 133-137
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 在宅における簡便な歩行能力推定方法
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2012)
  • Interference Between Arm And Leg
    (The XVIIII Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology 2012)
  • 高齢者介護予防事業が運動器機能に与える影響
    (日本運動療法学会大会抄録集 2012)
  • 主動作筋と拮抗筋における電気刺激が随意的筋弛緩に及ぼす影響
    (理学療法学 2011)
  • 上肢と下肢のパフォーマンスによる課題間の干渉作用 歩行速度変化と巧緻動作について
    (理学療法学 2011)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2015/06 - 現在 湘南医療大学 准教授
  • 帝京平成大学 講師
委員歴 (1件):
  • 2017/03 - 現在 日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会
所属学会 (3件):
臨床歩行分析研究会 ,  理学療法科学学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る