研究者
J-GLOBAL ID:201901011635089684   更新日: 2020年10月08日

阪口 諒

サカグチ リョウ | Sakaguchi Ryo
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日本学術振興会  特別研究員(DC2)
研究分野 (3件): 日本語教育 ,  文学一般 ,  言語学
研究キーワード (21件): アイヌ語樺太方言 ,  アイヌ語アイヌ文学 ,  数表示 ,  データベース ,  コーパス ,  言語コーパス ,  口承文芸学 ,  フォークロア ,  文法記述 ,  言語ドキュメンテーション ,  樺太アイヌ ,  人称 ,  複数標識 ,  サハリン ,  樺太 ,  言語類型論 ,  言語学 ,  記述言語学 ,  アイヌ文学 ,  口承文芸 ,  アイヌ語
論文 (6件):
  • 阪口 諒. アイヌ語樺太方言における名詞複数接尾辞 : ahcinの用法. 北方人文研究. 2020. 13. 1-19
  • 阪口 諒. アイヌ語樺太方言におけるutaraの用法. 北方言語研究. 2020. 10. 187-202
  • 阪口 諒. アイヌ語樺太西海岸南部方言テキスト(1)カワウソのばけもの. 北方言語研究 = Northern language studies. 2019. 9. 131-144
  • 阪口 諒. 山本多助筆録アイヌ語樺太方言テキスト(1)カラフト・ウベベケレ(オプケ ネワ イコロ ウペペケレ). 北方人文研究. 2019. 12. 111-121
  • 阪口 諒. 樺太アイヌ語における人称のクラスと主格目的格人称接辞 : 東海岸方言を中心に. 北海道言語文化研究. 2019. 17. 1-18
もっと見る
MISC (12件):
  • 阪口 諒. (書評)M. M. ドブロトゥヴォールスキー(著)寺田吉孝・安田節彦(訳) 「アイヌ語ロシア語辞典(1)-(26)」. 北海道民族学. 2020. 16. 80-84
  • 阪口 諒. ジョン・バチェラーの著作に含まれる樺太アイヌの口承文芸-ピウスツキ資料からの転載の実態-. 口承文芸研究. 2020. 43. 15-30
  • 阪口 諒. ピウスツキ採集のアイヌ語樺太方言民話テキスト「カレイ男とカジカ男」. 『千葉大学大学院人文公共学府 研究プロジェクト報告書 第354集 ユーラシア諸言語の類型論的記述』. 2020. 43-68
  • 阪口 諒, 渡邊 香織. 『アイヌ炉辺物語』(1~5話) : ジョン・バチェラー、1924年、東京. 千葉大学ユーラシア言語文化論集. 2019. 21. 243-261
  • ディクソン J. M., 阪口 諒. ツイシカリ・アイノ(対雁アイヌ) : J.M.ディクソン著、1982年、東京. 千葉大学ユーラシア言語文化論集. 2019. 21. 263-293
もっと見る
書籍 (3件):
  • 『日本語モンゴル語面白辞典(モンゴル文字版試作)』
    千葉大学モンゴル人交流会 2020
  • 二風谷のフチ萱野れい子とカッケマッたち
    アイヌ民族文化財団 2020
  • 日本語モンゴル語辞典(モンゴル文字)
    千葉大学モンゴル人交流会 2019
講演・口頭発表等 (7件):
  • アイヌ語樺太方言の動詞数と複数標識 -動詞の単数形と複数標識が共起する事例を中心に-
    (千葉大学大学院人文公共学府2020年度前半期全体研究会 2020)
  • 歴史資料としての『アイヌ語ロシア語辞典」
    (千葉大学地域研究センター定例会(場所:千葉大学) 2020)
  • 『アイヌ語ロシア語辞典』の楽しみ方
    (平取アイヌ語アーカイブ作成支援事業研修連絡会議(場所:千葉大学) 2020)
  • アイヌ語樺太方言における単独のUTARAの用法
    (千葉大学地域研究センター定例会(場所:千葉大学) 2019)
  • バチェラーが記録したアイヌ民話とその利用法
    (平取アイヌ語アーカイブ事業勉強会(場所:千葉大学) 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2020 - 現在 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
  • 2019 - 現在 千葉大学大学院 人文公共学
学位 (1件):
  • 文学修士 (千葉大学)
所属学会 (5件):
日本口承文藝学会 ,  日本モンゴル文化学会 ,  日本口承文芸学会 ,  北海道民族学会 ,  日本北方言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る