研究者
J-GLOBAL ID:201901011735599698   更新日: 2019年12月21日

平森大規

ヒラモリダイキ | Daiki Hiramori
所属機関・部署:
職名: 博士候補生
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://hiramori.com/http://hiramori.com/
研究分野 (2件): 社会学 ,  ジェンダー
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2023 セクシュアル・マイノリティをめぐる意識の変容と施策に関する研究
  • 2016 - 2021 性的指向と性自認の人口学-日本における研究基盤の構築
論文 (5件):
  • 釜野さおり・小山泰代・千年よしみ・布施香奈・山内昌和・岩本健良・藤井ひろみ・石田仁・平森大規・吉仲崇. 「大阪市民の働き方と暮らしの多様性と共生にかんするアンケート」--結果速報およびQ&Aより. 人口問題研究. 2019. 75. 3. 248-253
  • 平森大規. 性的マイノリティが働きやすい職場とは?--『LGBTに関する職場環境アンケート』の分析結果から. 労働調査. 2017. 561. 10-14
  • Daiki Hiramori. Social-Institutional Structures That Matter: An Exploratory Analysis of Sexual/Gender Minority Status and Income in Japan. MA thesis, Department of Sociology, University of Washington. 2016
  • 平森大規. 職場における性的マイノリティの困難--収入および勤続意欲の多変量解析. ジェンダー&セクシュアリティ. 2015. 10. 91-118
  • Daiki Hiramori. The Effect of Religion on Attitudes toward Same-Sex Sexual Relations: A U.S.-Japan Comparative Quantitative Analysis. Senior thesis, College of Liberal Arts, International Christian University. 2014
MISC (3件):
  • 釜野さおり・石田仁・岩本健良・小山泰代・千年よしみ・平森大規・藤井ひろみ・布施香奈・山内昌和・吉仲崇. 大阪市民の働き方と暮らしの多様性と共生にかんするアンケート報告書(単純集計結果). 2019
  • 岩本健良・平森大規・内藤忍・中野諭. 性的マイノリティの自殺・うつによる社会的損失の試算と非当事者との収入格差に関するサーベイ. JILPTディスカッションペーパー. 2019
  • Daiki Hiramori. Social-Institutional Structures That Matter: A Quantitative Monograph of Sexual/Gender Minority Status and Earnings in Japan. SocArXiv. 2018
書籍 (1件):
  • LGBT/SOGIと社会(仮)
    ミネルヴァ書房 2020
学歴 (5件):
  • 2012 - 2013 カリフォルニア大学アーバイン校 社会学部 (交換留学)
  • 2009 - 2014 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
  • 2014 - 2016 ワシントン大学大学院 社会学研究科 博士前期課程
  • 2014 - 2017 ワシントン大学大学院 ジェンダー・女性・セクシュアリティ研究科 フェミニズム研究修了証
  • 2016 - 現在 ワシントン大学大学院 社会学研究科 博士後期課程
学位 (2件):
  • M.A.(社会学) (ワシントン大学)
  • 学士(社会学、副専攻:数学) (国際基督教大学)
経歴 (2件):
  • 2018/09 - 現在 国際基督教大学 研究員
  • 2017/03 - 現在 ワシントン大学 研究助手(プログラム評価)
所属学会 (4件):
アメリカ社会学会 ,  アメリカ人口学会 ,  国際社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る