研究者
J-GLOBAL ID:201901011800223595   更新日: 2021年11月24日

周防 玲

スオウ レイ | Suo Rei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 水圏生命科学
研究キーワード (1件): 天然物化学
論文 (13件):
  • Masaya Sato, Satoshi Kawato, Hikaru Oyama, Gen Kaneko, Eric J. Post, Rei Suo, Noriyuki Takai, Haruo Sugita, Hidehiro Kondo, Ikuo Hirono, et al. Phylogenetic position of the Atlantic Gnomefish, Scombrops oculatus (Teleostei: Scombropidae), within the genus Scombrops, inferred from the sequences of complete mitochondrial genome and cytochrome c oxidase subunit I genes. Mitochondrial DNA Part B: Resources. 2021. 6. 10. 2852-2855
  • Taiki Okabe, Rion Saito, Kohei Yamamoto, Riku Watanabe, Yoshiki Kaneko, Mutsumi Yanaoka, Seika Furukoshi, Shino Yasukawa, Masaaki Ito, Hikaru Oyama, et al. The role of toxic planocerid flatworm larvae on tetrodotoxin accumulation in marine bivalves. Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands). 2021. 237. 105908-105908
  • Rei Suo, Maho Kashitani, Hikaru Oyama, Masaatsu Adachi, Ryota Nakahigashi, Ryo Sakakibara, Toshio Nishikawa, Haruo Sugita, Shiro Itoi. First Detection of Tetrodotoxins in the Cotylean Flatworm Prosthiostomum trilineatum. Marine Drugs. 2021. in press
  • Akihiro Ninomiya, Syun-ichi Urayama, Rei Suo, Shiro Itoi, Shin-ichi Fuji, Hiromitsu Moriyama, Daisuke Hagiwara. Mycovirus-Induced Tenuazonic Acid Production in a Rice Blast Fungus Magnaporthe oryzae. Frontiers in Microbiology. 2020. 11. 1641
  • Ryo Yonezawa, Shiro Itoi, Yoji Igarashi, Kazutoshi Yoshitake, Hikaru Oyama, Shigeharu Kinoshita, Rei Suo, Shinichi Yokobori, Haruo Sugita, Shuichi Asakawa. Characterization and phylogenetic position of two sympatric sister species of toxic flatworms Planocera multitentaculata and Planocera reticulata (Platyhelminthes: Acotylea). Mitochondrial DNA Part B: Resources. 2020. 5. 3. 2352-2354
もっと見る
MISC (1件):
  • 米澤遼, 林健太朗, 吉武和敏, 尾山輝, 岡部泰基, 五十嵐洋治, JDM Senevirathna, Smith Ashley梨花, Smith Ashley梨花, 周防玲, et al. フグ毒テトロドトキシンを保有するPlanocera属ヒラムシの幼生飼育の現状と課題~18Sメタゲノム解析を用いたヒラムシ幼生捕食者の推定~. 日本水産学会大会講演要旨集(CD-ROM). 2021. 2021
講演・口頭発表等 (8件):
  • 石垣島川平湾産のシアノバクテリアから見出した新規ペプチドの単離と構造決定
    (平成31年度日本水産学会春季大会 2019)
  • 新規海洋天然物の探索研究
    (マリンケミカルバイオロジー研究会(2019) 2019)
  • 細胞の形態変化を指標とした海洋天然物の探索
    (第60回 天然有機化合物討論会 2018)
  • Miuramides A and B, Cytotoxic Trisoxazole Macrolides from the Marine Sponge Mycale sp.
    (Gordon Research Conference (Marine Natural Products) 2018)
  • Poecillastra属カイメン由来新規poecillastrin類縁体の単離と構造決定
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2019 東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 日本大学 日本大学生物資源科学部 助教
  • 2019/04 - 2021/03 日本大学 日本大学生物資源科学部 助手
  • 2019/04 - 日本大学 日本大学生物資源科学部 助手
  • 2016/04 - 2019/03 東京大学 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 東京大学農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士論文発表賞
  • 2018/09 - 第60回天然有機化合物討論会 奨励賞
  • 2014/03 - 東京海洋大学食品生産科学研究科 学長賞受賞
所属学会 (1件):
日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る