研究者
J-GLOBAL ID:201901011818959777   更新日: 2020年06月19日

野村 名可男

ノムラ ナカオ | Nomura Nakao
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
論文 (42件):
  • Nomura,Nakao. Effect of essential oils from Houttuynia cordata Thunb supplemented diets on growth performance and immune response of Hybrid red tilapia (Oreochromis mossambicus Linn . × Oreochromis niloticus Linn,). International Journal of Fisheries and Aquatic Studies. 2016. 4. 3. 677-684
  • 野村,名可男. Study Abroad Program with Brazilian Government Scholarship ‘Science without Boarders’: Globalization through Brazilian Government Scholarship Program. 留学交流. 2015. vol.8. 58-62
  • Nomura,Nakao. Degradability of Treated Ethion Insecticide by TiO2 Photocatalysis. Pakistan Journal of Biological Sciences. 2015. 18. 1. 27-31
  • Nomura,Nakao. Evaluation of Green Tea Enriched Artemia sp. As Food and Antioxidant Activity Enhancer for Freshwater Ornamental Fishes. International Journal of Current Rsearches in Science. 2014. 2. 2. 203-208
  • Nomura,Nakao. Geosmin Sorption on Cyclodextrin Polymers. International Journal of Geosciences. 2013. 4. 5B. 24-29
もっと見る
書籍 (4件):
  • 植物油を原料としたバイオディーゼル燃料生産の実現化に向けて
    化学装置 2009
  • バイオディーゼル燃料生産による循環型社会の形成
    筑波大学環境報告書 2007
  • エビホワイトスポットシンドロームウィルス検出キット『Shrimple』の開発
    生物工学会誌 2004
  • フィリピンにおける水処理技術の現状と課題
    用水と廃水 2003
学歴 (1件):
  • - 1997 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (筑波大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 グローバルコモンズ機構 部門長
  • 2013/04 - 現在 グローバルコモンズ機構 准教授
受賞 (1件):
  • 2004/11 - 日本水処理生物学会 論文賞
所属学会 (3件):
日本魚病学会 ,  日本水産学会 ,  日本生物工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る