研究者
J-GLOBAL ID:201901011968928322   更新日: 2020年12月18日

沖 佳史

Oki Yoshifumi
研究分野 (1件): 補綴系歯学
研究キーワード (1件): 骨,インプラント
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2022 細胞導入型バイオメンブレンの新規開発
  • 2018 - 2021 インプラント支持を可能とする生体活性チタン多孔体を用いた骨再建療法の確立
  • 2018 - 2020 細胞制御機能性メンブレンの新規開発
論文 (13件):
  • Hanako Umehara, Kazuya Doi, Yoshifumi Oki, Reiko Kobatake, Yusuke Makihara, Takayasu Kubo, Kazuhiro Tsuga. Development of a novel bioactive titanium membrane with alkali treatment for bone regeneration. Dental materials journal. 2020. 39. 5. 877-882
  • Reiko Kobatake, Kazuya Doi, Yoshifumi Oki, Yusuke Makihara, Hanako Umehara, Takayasu Kubo, Kazuhiro Tsuga. Comparative Study of Surface Modification Treatment for Porous Titanium. Journal of Oral and Maxillofacial Research. 2020. 11. 2
  • Kazuya Doi, Reiko Kobatake, Yusuke Makihara, Yoshifumi Oki, Hanako Umehara, Takayasu Kubo, Kazuhiro Tsuga. The development of novel bioactive porous titanium as a bone reconstruction material. RSC Advances. 2020. 10. 38. 22684-22690
  • Reiko Kobatake, Kazuya Doi, Takayasu Kubo, Yusuke Makihara, Yoshifumi Oki, Miyuki Yokoi, Hanako Umehara, Kazuhiro Tsuga. Novel fabrication of porous titanium by a resin-impregnated titanium substitution technique for bone reconstruction. RSC Advances. 2019. 9. 3. 1625-1631
  • Hanako Umehara, Reiko Kobatake, Kazuya Doi, Yoshifumi Oki, Yusuke Makihara, Takayasu Kubo, Kazuhiro Tsuga. Histological and Bone Morphometric Evaluation of Osseointegration Aspects by Alkali Hydrothermally-Treated Implants. Applied Sciences. 2018. 8. 4. 635-635
もっと見る
MISC (16件):
  • 小畠 玲子, 土井 一矢, 久保 隆靖, 牧原 勇介, 沖 佳史, 梅原 華子, 津賀 一弘. 骨形成促進効果を持つ新規チタン多孔体の開発. 日本補綴歯科学会誌. 2020. 12. 特別号. 117-117
  • 梅原 華子, 久保 隆靖, 土井 一矢, 小畠 玲子, 沖 佳史, 牧原 勇介, 津賀 一弘. 骨形成を促進する生体活性チタン薄膜の開発. 日本口腔インプラント学会誌. 2019. 32. 特別号. 176-176
  • 梅原 華子, 久保 隆靖, 土井 一矢, 小畠 玲子, 沖 佳史, 津賀 一弘. アルカリ処理チタン薄膜の表面性状およびアパタイト形成能の検討. 日本口腔インプラント学会誌. 2019. 32. 2. E92-E93
  • 土井 一矢, 久保 隆靖, 小畠 玲子, 沖 佳史, 梅原 華子, 牧原 勇介, 津賀 一弘. 新規生体活性チタンメンブレンの材料特性および生体活性の検討. 日本口腔インプラント学会学術大会抄録集. 2018. 48回. 313-313
  • 小畠 玲子, 久保 隆靖, 土井 一矢, 沖 佳史, 牧原 勇介, 津賀 一弘. チタン多孔体による骨再建部位に埋入したインプラント体周囲組織の様相. 日本口腔インプラント学会誌. 2018. 31. 2. E85-E86
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 骨形成を促進する生体活性チタン薄膜の開発
    (第49回公益財団法人日本口腔インプラント学会学術大会 2019)
  • Osseointegration aspect of implants placed in bone reconstructed site with novel porous titanium.
    (27th Annual Scientific Meeting of European Association for Osseointegration 2018)
  • Physical and biological characteristics of a novel-porous-titanium for bone reconstruction.
    (International Association for Dental Research 2018)
  • 副甲状腺ホルモン間歇投与がステロイド性骨粗鬆症モデルにおけるオッセオインテグレーションの獲得に及ぼす影響.
    (第47回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 2017)
  • 表面改質がチタン薄膜の構造および機械的強度に及ぼす影響の検討.
    (第37回公益社団法人日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2013 - 2017 広島大学 博士課程医歯薬学専攻
所属学会 (3件):
一般社団法人日本歯科理工学会 ,  公益財団法人日本口腔インプラント学会 ,  公益財団法人日本補綴歯科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る