研究者
J-GLOBAL ID:201901012131834504   更新日: 2022年07月29日

島川 龍載

シマカワ タツノリ | Shimakawa Tatsunori
所属機関・部署:
職名: 特命講師
研究分野 (6件): 医療管理学、医療系社会学 ,  地域研究 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  経営学 ,  医用システム
研究キーワード (11件): 地域ヘルスケア情報 ,  危機管理 ,  地域包括ケアシステム ,  意思決定 ,  行動変容 ,  アカウンタビリティ ,  情報セキュリティ ,  経営戦略 ,  経営情報システム ,  医療経営 ,  医療情報
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 PHR事業実施主体の公的アカウンタビリティからみた普及阻害要因の調査
  • 2022 - 2022 データレイク基盤を用いた健康アラート通知機能の検討
  • 2021 - 2022 データレイク基盤を用いた地域社会への医療健康福祉サービス提供モデルの検討
  • 2020 - 2021 医療分野における共通データプラットフォームの有効性検証
  • 2019 - 2020 地域医療介護連携ネットワークの相互運用性の実現に向けたデータ構造の課題抽出の調査
全件表示
論文 (34件):
  • 島川 龍載, 秋山 祐治. 個人の健康行動に影響を与えるヘルスケア情報の新たな価値発現に向けた地域行政が担うPHRサービスの検討. 日本遠隔医療学会雑誌. 2022. 18. 1. 17-22
  • 島川 龍載. 地域ヘルスケア情報の非対称性の解消に向けたPHRサービスの公的アカウンタビリティに関する研究-健康管理モデルを活用した行動変容アプローチの検証-. 2022
  • 島川 龍載, 土井 俊祐, 鈴木 英夫, 秋山 祐治. 地域ヘルスケアデータのFHIR連携の検証によるPHRサービス普及のための課題の考察. 医療情報学 41(Suppl.). 2021. 501-504
  • 島川 龍載. 患者主体の医療の実現に向けたPHRの必要性. 別冊BIO Clinica. 2021. 10. 2. 138-143
  • 島川 龍載. 地方公共団体が関与するPHR事業における普及のための課題と施策の検討. Precision Medicine. 2021. 4. 3. 52-58
もっと見る
MISC (11件):
  • 島川 龍載. これからのヘルスケアマネジメントモデルへの期待(前編). SDMC ニュース・レター. 2022. 1-2
  • 島川 龍載. 地域ヘルスケアデータのFHIR連携によるPHRサービス普及の可能性とその行方. 月刊新医療. 2022. 49. 6. 78-81
  • 島川 龍載. 地方公共団体が関与するPHR事業における普及のための課題と施策の検討. 地域ケアリング. 2021. 23. 7. 84-90
  • 島川 龍載. ヘルスケアデータを活用した健康管理モデルの必要性と期待される実装効果. 月刊新医療. 2021. 48. 3. 34-38
  • 島川 龍載. 経営層が考えるべき病院ネットワークセキュリティの戦略的運用. 月刊新医療. 2019. 46. 7. 34-38
もっと見る
書籍 (4件):
  • 医療情報 第7版 情報処理技術編
    篠原出版新社 2022 ISBN:4867058149
  • 医療情報 第6版 医療情報システム編
    日本医療情報学会医療情報技師育成部会,篠原出版新社 2020 ISBN:4867058017
  • 医療情報(第6版)情報処理技術編
    日本医療情報学会医療情報技師育成部会,篠原出版新社 2019 ISBN:9784884122966
  • 医療情報(第5版)情報処理技術編
    日本医療情報学会医療情報技師育成部会,篠原出版新社 2016 ISBN:9784884123871
講演・口頭発表等 (92件):
  • PHRサービスの現状と今後の展望
    (第32回広島県医療情報技師会研修会 2022)
  • 医療情報のマネジメントの必要性-二次利用を効果的に進めていくために考えるべきこと-
    (第10回山陰文化圏医療情報技術研究会 2022)
  • 地域ヘルスケアデータのFHIR連携の検証によるPHRサービス普及のための課題の考察
    (第41回医療情報学連合大会 2021)
  • B型肝炎再活性化防止用自動アラートシステム導入後の検査実施状況調査
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
  • 地域共生社会の実現に向けた地域ヘルスケア情報の新たな価値発現の検討
    (地域デザイン学会中国地域部会第12回研究会 2021)
もっと見る
学位 (2件):
  • 経営修士(専門職) (県立広島大学)
  • 博士(医療情報学) (川崎医療福祉大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 県立広島大学 地域基盤研究機構 特命講師
  • 2017/04 - 2019/03 広島赤十字・原爆病院 経営企画課(経営戦略室)
  • 2009/04 - 2017/03 広島赤十字・原爆病院 医療情報管理課
  • 2007/04 - 2009/03 広島赤十字・原爆病院 医事管理課
  • 2005/04 - 2007/03 バブ日立ソフト株式会社 システムエンジニア
委員歴 (11件):
  • 2022/06 - 現在 広島県 高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(DX)委員
  • 2014/04 - 現在 一般社団法人SDMコンソーシアム 理事
  • 2013/04 - 現在 広島県医療情報技師会 世話人
  • 2021/01 - 2022/03 一般社団法人日本医療情報学会医療情報技師育成部会 教科書委員会副委員長
  • 2021/07 - 2021/11 日本医療情報学会 第41回医療情報学連合大会プログラム委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/01 - 広島赤十字・原爆病院 病院長表彰
  • 2009/09 - 日本赤十字社医学会 第44回日本赤十字社医学会総会 優秀演題 地域医療水準の均てん化に向けた病診連携ネットワークの構築
所属学会 (8件):
日本遠隔医療学会 ,  川崎医療福祉学会 ,  地域デザイン学会 ,  SDMコンソーシアム ,  医療情報安全管理監査人協会 ,  日本医療・病院管理学会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本医療情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る