研究者
J-GLOBAL ID:201901012171027903   更新日: 2022年01月02日

村田 裕樹

ムラタ ヒロキ | Murata Hiroki
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 自然共生システム ,  環境影響評価 ,  水圏生命科学
研究キーワード (7件): 漁業測定学 ,  環境学 ,  環境収容力 ,  養殖 ,  藻場 ,  ブルーインフラ ,  リモートセンシング
論文 (12件):
  • 村田裕樹, 伊藤浩吉, 猪股英里, 倉石恵, 阿部拓三, 大木優利, 米澤千夏, 藤井豊展. 沿岸域におけるドローン空撮画像からの海草・海藻藻場オルソモザイク画像作成条件. 日本リモートセンシング学会誌. 2021. 41. 5. 595-602
  • Toyonobu Fujii, Kenji Kaneko, Yuka Nakamura, Hiroki Murata, Megumi Kuraishi, Akihiro Kijima. Assessment of coastal anthropo-ecological system dynamics in response to a tsunami catastrophe of an unprecedented magnitude encountered in Japan. Science of The Total Environment. 2021. 783. 146998-146998
  • Hiroki Murata, Motoyuki Hara, Chinatsu Yonezawa, Teruhisa Komatsu. Monitoring oyster culture rafts and seagrass meadows in Nagatsura-ura Lagoon, Sanriku Coast, Japan before and after the 2011 tsunami by remote sensing: their recoveries implying the sustainable development of coastal waters. PeerJ. 2021. 9. e10727. e10727-e10727
  • 村田裕樹. リモートセンシングによる海面養殖施設マッピング手法の開発と適用. 博士論文. 2020
  • Teruhisa Komatsu, Shuji Sasa, Shuhei Sawayama, Hiroki Murata, Shigeru Montani, Osamu Nishimura, Takashi Sakamaki, Chihiro Yoshimura, Manabu Fujii, Tetsuo Yanagi. Management of aquaculture and marine environment in an open-type inner bay, through the Satoumi approach: The case of Shizugawa Bay. Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Global Changes, Springer, Cham. 2020. 393-407
もっと見る
MISC (3件):
  • 小松輝久, 佐々修司, 村田裕樹, 門谷茂, 西村修, 坂巻隆史, 吉村千洋, 藤井学, 柳哲雄. 震災復興から生まれた持続可能な養殖~南三陸戸倉の挑戦~(志津川湾における海洋環境に及ぼす養殖の影響ー里海手法による海洋環境の管理ー). 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン). 2021. 24-32
  • 北里洋, (村田裕樹,一部データ提供). 大震災後の復興には「地球に生きるための素養」が必要. サイエンスポータル. 2020
  • 原素之, (村田裕樹,一部データ提供). 東北の海を復興せよ!~"海博士"たちと語る一日・その3 「知ってる?海のパイナップル~ 海の恵みをいつまでも」. 日本科学未来館科学コミュニケーターブログ. 2019
特許 (1件):
書籍 (3件):
  • 長面浦の環境とカキ養殖
    明倫社 2021 ISBN:9784991186905
  • 鮫浦湾の環境とホヤ養殖
    明倫社 2021 ISBN:9784991186912
  • 里海管理論 : きれいで豊かで賑わいのある持続的な海
    農林統計協会 2019 ISBN:9784541042811
講演・口頭発表等 (14件):
  • 宮城県長面浦のマガキ養殖漁場の環境収容力把握のためのドローンによる現況調査
    (日本リモートセンシング学会第69回(令和2年度秋季)学術講演会 2020)
  • Mapping sea aquaculture facilities and coastal habitats for sustainable use of coastal areas
    (The Joint PI Meeting of JAXA Earth Observation Missions FY2019, Tokyo, Japan 2020)
  • Monitoring natural environment and human activities using remote sensing: Impact of seagrass bed to oyster aquaculture
    (IOC-UNESCO WESTPAC International Workshop, Nha Trang, Vietnam 2019)
  • Analysis of coastal aquaculture areas using ALOS-2 PALSAR-2 full polarimetric data: a study case in Hirota Bay, Iwate, Japan
    (International Geoscience and Remote Sensing Symposium, Yokohama, Japan 2019)
  • 人工衛星画像を用いた震災後の海面養殖施設マップの作成
    (東北マリンサイエンス拠点形成事業TEAMS全体会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2017 - 2020 東北大学
  • 2014 - 2016 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2020/10 - 現在 東北大学 大学院農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター 客員研究者
  • 2016/04 - 現在 横浜市港湾局 政策調整課
受賞 (2件):
  • 2021/03 - 東北大学大学院農学研究科長賞
  • 2019/08 - 公益信託エスペック環境研究奨励賞
所属学会 (1件):
日本リモートセンシング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る