研究者
J-GLOBAL ID:201901012242320151   更新日: 2020年09月01日

古家 健次

Furuya Kenji
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 天文学
研究キーワード (3件): 原始惑星系円盤 ,  星形成 ,  星間化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 星間雲から原始惑星系円盤に至る分子組成進化の理論的研究
  • 2016 - 2019 計算科学によるアストロバイオロジーへの理論的挑戦
  • 2011 - 2014 原始惑星系円盤形成期における物質進化の理論的研究:星間物質から惑星系物質へ
論文 (35件):
もっと見る
MISC (2件):
講演・口頭発表等 (12件):
  • Astrochemical models of water: from molecular clouds to protoplanetary disks
    (NOVA Network 2 meeting 2019)
  • 星形成領域におけるリンの化学
    (第1回リンと生命の起源研究会 2019)
  • 分子雲から円盤への水の進化
    (アストロバイオロジーセンターシンポジウム2019 2019)
  • Hydrogen and nitrogen isotopes follow different fractionation pathways in interstellar clouds
    (Conference “Our Astro--Chemical History: Past, Present, and Future” 2018)
  • Astrochemical models of water
    (Astrochemistry: Past, Present, and Future, A meeting in celebration of Ewine van Dishoeck 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2014 神戸大学大学院 地球惑星科学専攻
  • 2005 - 2009 東北大学 地球惑星物質科学科
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 国立天文台 科学研究部 特任助教
  • 2016/04 - 2020/03 筑波大学 計算科学研究センター 助教(任期付)
  • 2014/04 - 2016/03 ライデン天文台 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2011/04 - 2014/03 神戸大学 大学院理学研究科地球惑星科学専攻 日本学術振興会特別研究員DC1
所属学会 (3件):
国際天文学連合 ,  日本惑星科学会 ,  日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る