研究者
J-GLOBAL ID:201901012348669501   更新日: 2021年07月28日

上田 正文

ウエダ マサフミ | Ueda Masafumi
研究分野 (1件): 生物資源保全学
MISC (26件):
  • 植村 恭子, 上田 正文. 摘葉後の経過と連続摘葉がブナ当年枝の木部水分通道組織構造に与える影響. 日本森林学会大会発表データベース. 2019. 130. 0. 295-295
  • 谷本 直緒子, 上田 正文. ヤドリギ類とその宿主の木部構造. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0. 297-297
  • 松田 敏朗, 上田 正文. ソメイヨシノの瘤状枝の水分生理. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0. 296-296
  • 東 瑛里奈, 上田 正文. ヤドリギ寄生枝のヤマザクラの水分生理状態. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0. 298-298
  • 上田 正文. 直径変化、熱伝導変化および電気伝導変化測定による樹幹と枝の凍結ー融解サイクルの検出. 日本森林学会大会発表データベース. 2017. 128. 0. 376-376
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • ヤドリギ類とその宿主の木部構造
    (日本森林学会大会発表データベース 2018)
  • ソメイヨシノの瘤状枝の水分生理
    (日本森林学会大会発表データベース 2018)
  • ヤドリギ寄生枝のヤマザクラの水分生理状態
    (日本森林学会大会発表データベース 2018)
  • 直径変化、熱伝導変化および電気伝導変化測定による樹幹と枝の凍結ー融解サイクルの検出
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • 斜面の上部・下部に生育する90年生ヒノキのキャビテーション感受性と木部構造
    (日本森林学会大会発表データベース 2016)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 樹木医学会 樹木医学会賞(第一回) 「ひずみゲージ法」による樹木の水分生理、とくに乾燥ストレスに対する応答反応に関する研究」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る