研究者
J-GLOBAL ID:201901012398384079   更新日: 2021年10月11日

徳澤 啓一

TOKUSAWA Keiichi
研究分野 (3件): 地域研究 ,  博物館学 ,  考古学
論文 (40件):
  • 徳澤啓一. モン窯業の変遷と地域博物館群の成立過程. 21世紀の博物館学・考古学. 2021. 373-384
  • 徳澤啓一. タイ東北部における水利環境の変化と水甕とその用途の変遷. 古代. 2019. 145. 187-204
  • 徳澤 啓一, 矢作 健二, 持田 直人. 東南アジア窯業民族誌における粘土紐積み上げ技法 (特集 胎土分析の現状と展開). 月刊考古学ジャーナル. 2019. 724. 15-19
  • 徳澤啓一, 秦竹軒, 持田直人. シップソンパンナーにおける伝統的土器製作の類型と移転:中国雲南省とミャンマー東部およびタイ北部の関係をめぐって. アジア地域研究. 2018. 1. 61-76
  • Nguyen Thi, Hoai Huong, Yuko HIRANO, Keiichi TOKUSAWA. Collection of Glass Ornaments Stored by the Museum of Vietnamese History, Ho Chi Minh City. Journal of Asia Regional Studies. 2018. 1. 21-34
もっと見る
MISC (8件):
  • 小林 博昭, 徳澤 啓一. ガラス乾板写真のアーカイバル処理に関するワークフロー--岡山理科大学博物館学芸員課程所蔵コレクションについて(5). 岡山理科大学紀要 B 人文・社会科学. 2009. 45. 21-28
  • 小林 博昭, 徳澤 啓一, コバヤシ ヒロアキ, トクサワ ケイイチ, Hiroaki "Kobayashi, Keiichi" Tokusawa. ガラス乾板写真のアーカイバル処理に関するワークフロー : 岡山理科大学博物館学芸員課程所蔵コレクションについて(5). 岡山理科大学紀要. B, 人文・社会科学. 2009. 45. 21-28
  • 小林 博昭, 徳澤 啓一, 酒井 雅代. 福田貝塚(岡山県倉敷市)における発掘調査とその記録--岡山理科大学博物館学芸員課程所蔵コレクションについて(4). 岡山理科大学紀要 B 人文・社会科学. 2008. 44. 1-12
  • 小林 正史, 徳澤 啓一, 長友 朋子, 北野 博司. 北タイと東北タイの土器生産様式の違いを生み出した背景. 北陸学院短期大学紀要. 2007. 39. 219-276
  • 小林 正史, 徳澤 啓一, 長友 朋子, 北野 博司. 稲作農耕民の伝統的土器作りにおける技術と生産様式の結びつき. 北陸学院短期大学紀要. 2007. 39. 277-328
もっと見る
書籍 (5件):
  • 長崎県佐世保市福井洞窟資料図譜:岡山理科大学博物館学芸員課程所蔵コレクション 第1冊(資料編)
    2021
  • 新博物館園論
    同成社 2019 ISBN:9784886218179
  • やきもの : つくる・うごく・つかう
    近代文藝社 2018 ISBN:9784773380491
  • 岡山県備前市佐山東山窯にかかる須恵器窯の大型化をめぐる地域事例報告および備前焼の窯構造
    窯跡研究会 2017
  • 考古学・博物館学の風景(中村浩博士古稀記念論文集)
    芙蓉書房出版 2017
講演・口頭発表等 (11件):
  • 石見焼窯跡のビジュアルアウトプットとその活用:江津本町(島根県江津市)の旧山陰道と川港の町並みを事例として
    (全日本博物館学会第47回研究大会 2021)
  • 江津市竹下窯跡の三次元計測からみた石見焼窯の構造
    (日本考古学協会第87回総会 2021)
  • 大学における埋蔵文化財の展示・活用と課題
    (全日本博物館学会第45回研究大会(発表要旨集49-50頁) 2019)
  • インドシナ半島北部における焼き締め陶器製作と窯構造の地域差
    (日本考古学協会第85回総会(研究発表要旨258-259頁) 2019)
  • 瀬戸内市庄田工窯跡の第1次調査
    (備前歴史フォーラム2018(備前市教育委員会主催) 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る