研究者
J-GLOBAL ID:201901012492809032   更新日: 2020年09月28日

渡邉 健太郎

ワタナベ ケンタロウ | Watanabe Kentaro
所属機関・部署:
職名: 病院診療医/大学院生
研究分野 (2件): 腫瘍生物学 ,  胎児医学、小児成育学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 多層的オミックス解析を用いた神経芽腫の分子遺伝学的基盤の解明と新規治療の創出
論文 (24件):
  • Masahiro Sekiguchi, Masafumi Seki, Tomoko Kawai, Kenichi Yoshida, Misa Yoshida, Tomoya Isobe, Noriko Hoshino, Ryota Shirai, Mio Tanaka, Ryota Souzaki, et al. Integrated multiomics analysis of hepatoblastoma unravels its heterogeneity and provides novel druggable targets. npj Precision Oncology. 2020. 4. 1
  • Shota Kato, Yasuo Kubota, Kentaro Watanabe, Keita Hogetsu, Yuki Arakawa, Katsuyoshi Koh, Junko Takita, Mitsuteru Hiwatari. Tandem high-dose chemotherapy with autologous stem cell rescue for stage M high-risk neuroblastoma: Experience using melphalan/etoposide/carboplatin and busulfan/melphalan regimens. Pediatric transplantation. 2020. e13772
  • 渡邉 健太郎, 滝田 順子. 固形腫瘍における基礎医学の新展開 高リスク神経芽腫に対するがん代謝を標的とした新規治療創出. 日本小児血液・がん学会雑誌. 2020. 56. 5. 370-375
  • Shunsuke Kimura, Masafumi Seki, Tomoko Kawai, Hiroaki Goto, Kenichi Yoshida, Tomoya Isobe, Masahiro Sekiguchi, Kentaro Watanabe, Yasuo Kubota, Yasuhito Nannya, et al. DNA methylation-based classification reveals difference between pediatric T-cell acute lymphoblastic leukemia and normal thymocytes. Leukemia. 2019
  • Amano K, Takasugi N, Kubota Y, Mitani Y, Sekiguchi M, Watanabe K, Fujimura J, Oka A, Takita J, Hiwatari M. CBFA2T3-GLIS2-positive acute megakaryoblastic leukemia in a patient with Down syndrome. Pediatric blood & cancer. 2019. e28055
もっと見る
MISC (43件):
  • 渡邉 健太郎. 【研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ】活躍する小児科physician-scientistsの研究 大学院生編 あなたは大学院に入るべきか?. 小児科診療. 2020. 83. 7. 919-925
  • 渡邉 健太郎. 【小児血液・腫瘍疾患の最前線】研究の最前線 神経芽腫の分子病態. 小児科診療. 2020. 83. 4. 517-521
  • 樋渡 光輝, 渡邉 健太郎, 木村 俊介, 関口 昌央, 久保田 泰央, 岡 明, 滝田 順子. 造血器および固形腫瘍におけるSTAT3阻害剤、cucurbitacin Iの抗腫瘍効果の検討(Cucurbitacin I, JAK-STAT signaling pathway inhibitor with antitumor activity against cancer cells). 臨床血液. 2018. 59. 9. 1700-1700
  • 渡邉 健太郎, 木村 俊介, 関 正史, 磯部 知弥, 河合 智子, 樋渡 光輝, 吉田 健一, 白石 友一, 千葉 健一, 秦 健一郎, et al. PHGDH阻害剤は神経芽腫の増殖を阻害し、アルギニンデイミナーゼはがん代謝を変化させその適応範囲を広げる(Inhibition of phosphoglycerate dehydrogenase reduces neuroblastoma growth and arginine deiminase expands its application). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 339-339
  • 渡邉 健太郎, 木村 俊介, 関 正史, 磯部 知弥, 河合 智子, 樋渡 光輝, 吉田 健一, 片岡 圭亮, 佐藤 悠祐, 藤井 陽一, et al. 公開データとの統合による神経芽腫の網羅的ゲノム・エピゲノム解析. 日本小児科学会雑誌. 2018. 122. 2. 235-235
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2017 - 現在 東京大学 生殖発達加齢医学専攻 小児科
  • 2001 - 2007 東京大学 医学科
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員DC2
  • 2017/04 - 現在 東京大学医学部附属病院 小児科 病院診療医/大学院生
  • 2015/04 - 2017/03 埼玉県立小児医療センター 血液・腫瘍科 医長
  • 2012/04 - 2015/03 東京大学医学部附属病院 小児科 助教
  • 2010/04 - 2012/03 焼津市立総合病院 小児科
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 JCCG 神経芽腫委員会
受賞 (1件):
  • 2018/04 - 小児医学研究振興財団 優秀論文アワード
所属学会 (5件):
日本造血細胞移植学会 ,  日本小児血液・がん学会 ,  日本血液学会 ,  日本癌学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る